OTONA SALONEニュースまとめ(4 ページ目) | NewsCafe

OTONA SALONEに関するニュースまとめ一覧(4 ページ目)

【オトナ星占い】4/7のしし座は7位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/7のしし座は7位

7位

【オトナ星占い】4/7のいて座は8位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/7のいて座は8位

8位

【オトナ星占い】4/7のみずがめ座は9位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/7のみずがめ座は9位

9位

【オトナ星占い】4/7のおうし座は10位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/7のおうし座は10位

10位

【オトナ星占い】4/7のおひつじ座は11位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/7のおひつじ座は11位

11位

【オトナ星占い】4/7のさそり座は12位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/7のさそり座は12位

12位

【オバ見え回避】ネットで服を買う際にもご用心!40代厳禁のスカートって? 画像
女性 OTONA SALONE

【オバ見え回避】ネットで服を買う際にもご用心!40代厳禁のスカートって?

この春、大きくトレンドが変わったスカート。うっかり手持ちのスカートを履いてしまうと、「流行遅れオバさん」のレッテルを貼られてしまうかも。 ファッションエディター歴35年の筆者が、今年着るべきではないスカートと、おすすめスカートをご紹介します。 40代が持っていがち!時代遅れスカート ゆる、ずるっしたスタイルが流行中の今、スカートも例外ではありません。スカート丈は、去年から少しずつ長くなりだしていましたが、この春一気に加速!ふくらはぎ丈や、マキシ丈がデフォルト状態になりました。というわけで、手持ちスカートのうち、今年着てはいけないのは以下の2つ! 就活生じゃないよね?リクルート感が出まくりの「ひざ丈タイト」

40代が「これは感染するかも」と恐怖したシーンは?【コロナの現在#4】 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

40代が「これは感染するかも」と恐怖したシーンは?【コロナの現在#4】

いよいよ緊急事態宣言が出る事態に。みんなはいまリアルに何に困り、何を考えて、どう行動しているのでしょう? 働く40代を代表して、オトナサローネ執筆陣に「いまのリアル」を8つの項目で聞いています。 4つ目は、「これは私も感染するかも」と恐怖したシーンです。 自宅で夫にイラっ!身近な人の行動に恐怖 ストレス度がいちばん高そうなのが「自宅にウイルスを持ち帰りそうな家族・友人」。わかる、その気持ち…。 「身近な人(夫)が、この期に及んで飲みに行くとか意識の低い行動をする。どうにかしてください」 「東京や横浜に仕事で通う旦那の意識の低さ。1日着ていた服を食卓の椅子の上に無造作に置いたり、お風呂に入らず寝たり、帰宅してすぐ子どもにからむところを見て、多分我が家が感染するとしたら、この人からだろうなと思います。去年のゴールデンウィーク、俺はかからないと言っていたインフルエンザにかかり、子どものお出かけがすべてキャンセル、号泣させただけのことはあるな…という感じ」 「夜の外出を控えるよう言われていたのに、平気で飲み会に誘ってくる友人と縁を切りたい」 「いまだに手洗い・うがいが徹底されていない。特に中高年男性は危険」 その行動、いましなくても…?周囲に恐怖 また、「なんで今それをするのか」理解に苦しむ他人の行動も、呆れる・腹立ちを通り過ぎて単なる恐怖。 「老人たちが道端で井戸端会議してたり、ファミレスで集ってたりするのが心底怖いです」 「駅ビル内の広場などで高齢者の方たちが座り込んでおしゃべりをしていたり、公園でママたちがあつまっておしゃべりをしていたり。気持ちはわかるけれど、今は我慢して!と感じます」 「図書館(現在は臨時休館中)へ行ったとき、あきらかに口を抑えていないくしゃみが複数回聞こえました。ああ、意識が低いんだなあ。自分はかからない、自分は人に移さないって思ってるんだなあ、とがっかりしました」 「我が家も行かせておいてナンですが、保育園は結構やばいなと日々感じています。休ませられるなら休ませたいですが…。時短がせいぜいです」 「道端にタンを吐き捨てているオジサンを目にしたとき、そんな基本マナーが守れない人と同じ地域で暮しているんだなと、静かな恐怖を感じました」 どうしても避けられない「買い物」で恐怖! 外出をどれだけ自粛しても、日々の最低限の買い物だけはどうにもなりません。そこでもこんな恐怖が。 「スーパーでマスクしてない人を見ると、怖いと感じます。咳をしているわけでもないのに、マスク着用が当たり前になってきた今日この頃、マスクを着用してない人が近くにいると、敏感になっている自分に驚きます」 「咳をしている人をスーパーくらいでしか見かけないので、たまたま見ると恐怖です」 「混雑するスーパーで、みな平気で共有のかごなどのハンドルを握っているので危ないな、と感じました。ショッピングバッグを使うなど、あのかごを使わないだけでもリスクが減ると思う」 「スーパーで野菜を素手でとるシステムは怖いでしょ!」 「スーパーや、パン屋さんなどで店員が手袋着用しているところがでてきている中、素手だったりすると怖い。バイトさんが若いと先入観で怖い(笑)。年老いた親と同居なので、念のため買ったものも消毒スプレーしています」 「スーパーで買ったものって、外装をすべて消毒すべきかな?やりすぎ?」 言うまでもないですが、電車・バス・駅前は怖い 仕事の都合で通勤をせざるを得ない人たちからは、いまだに徹底されない咳エチケットに「理解できない」恐怖が。 「ホームや電車で近くで大声でしゃべる見知らぬ人が怖いです。バスの中で咳を激しくする人もいる」 「キャリアかもしれないのにマスクしていない若い人が渋谷にたくさんいました」 「狭い車内でマスクなしで咳をしている人がいる。マスクをしないで帰ってきてる人も意外に多く、大きい声で話したりくしゃみをしていると避けてしまいます」 意外な恐怖!私はこれがおっかないです… 言われてみるとそれは怖いかも、意外にみんなが気づいていない恐怖ポイントも挙がりました。 「駅の窓口では、テレワークで定期が不要になったのでしょうか、払い戻しの行列ができていました。そのほとんどが共有のペンを使っていました。備え付けのペンは結構、危ないと聞いていたので、筆記用具は持ち歩いているのですが、意外とみなさん、気にせず使うんだなあと驚きました」 「打ち合わせは意外と危ないと思います。飛沫が絶対飛んでいる距離」 「意外と自宅のトイレの便座。きっと他人のをつけて帰ってきています。スリッパで玄関の土足ゾーンにたまに出てしまうので、玄関→スリッパ→ベッドルームの床→布団(床に落とした際に)が最近気になります」 「先週まつエクの施術に行ったら施術者がマスクをしておらず、粘膜感染するかもと恐怖。また、意外に私は自分の顔を触ることが多いことに気づきました。髪が顔に触るとついはらってしまうので、ヘアバンドをすることに」 「便器より汚いと言われているスマホの画面、手をキレイにしてもスマホが汚いのでは…と不安になることがあります」 そもそも日本は… こうして挙げてみると、最終的にこんな結論に。 「そもそも日本人は危機感がなさすぎたと思う」 「普段、政治の話は極力しませんが、さすがに今回の対応は遅い。この政治家では本気で危ないと思ってます」 一人ひとりができる限りの努力をして、みんなで乗り切りましょう!

安倍昭恵「奇行オバサン」に近づく芸能人のこれだけの腹黒さ|人気記事ランキング 画像
女性 OTONA SALONE

安倍昭恵「奇行オバサン」に近づく芸能人のこれだけの腹黒さ|人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。 それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。 (3月30日~4月5日) 1位・安倍昭恵「奇行オバサン」に近づく芸能人のこれだけの腹黒さ 芸能界は最初にやったもの勝ち。 先週、西川史子センセイについて、こう書きましたが、「日本初」の方法で、マスコミ界に殴り込みをかけたのが、社会学者の古市憲寿氏ではないでしょうか。 学者がテレビに出ること自体は、さほど珍しくありません。こういうときは大抵専門家としての意見を求められますが、古市氏の場合、専門家の枠を超え、ワイドショーやバラエティー番組へと進出しています。文壇デビューも果たし、書いた小説は芥川賞候補になるなど、マルチに活躍をしています。

絶対に感染したくない!「コロナ対策」みんながやったことは? 画像
女性 OTONA SALONE

絶対に感染したくない!「コロナ対策」みんながやったことは?

猛威を振るう新型コロナウイルス。手洗いや消毒をしすぎて肌が荒れてしまった人も多いのではないでしょうか。今回は、アルコール消毒から手を守る方法に始まり、医師監修の対策記事、縫わずに作れる簡単マスクまで、コロナ関係の記事の中から読まれた順にご紹介します。 第1位:「アルコール消毒の手荒れ」を絶対に防ぐ方法! えっ、たったそれだけ?

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
35ページ中4ページ目
page top