OTONA SALONEニュースまとめ(11 ページ目) | NewsCafe

OTONA SALONEに関するニュースまとめ一覧(11 ページ目)

【オトナ星占い】4/4のかに座は7位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/4のかに座は7位

7位

【オトナ星占い】4/4のうお座は8位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/4のうお座は8位

8位

【オトナ星占い】4/4のおひつじ座は9位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/4のおひつじ座は9位

9位

【オトナ星占い】4/4のふたご座は10位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/4のふたご座は10位

10位

【オトナ星占い】4/4のやぎ座は11位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/4のやぎ座は11位

11位

【オトナ星占い】4/4のてんびん座は12位 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【オトナ星占い】4/4のてんびん座は12位

12位

【九星フラワー占い】四緑木星の4月は「人に希望を与えられる存在に」 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【九星フラワー占い】四緑木星の4月は「人に希望を与えられる存在に」

春だというのに、不安の多いこのタイミングですが、星が発する声なきメッセージの中の希望の光を見つけていきたいと思います。 4月16日から5月の初旬まで、夏へとむかう季節の移り変わり❝土用❞の時期になります。 この時期は体調を崩しやすいので、充分に休みをとることも大切ですが、希望のほうに眼差しをむけて、気持ちを落ち込ませないようにしてくださいね。 ※四緑木星の生まれ年は1960年、1969年、1978年、1987年です。 ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

【九星フラワー占い】三碧木星の4月は「優しいメールが開運のカギ」 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【九星フラワー占い】三碧木星の4月は「優しいメールが開運のカギ」

春だというのに、不安の多いこのタイミングですが、星が発する声なきメッセージの中の希望の光を見つけていきたいと思います。 4月16日から5月の初旬まで、夏へとむかう季節の移り変わり❝土用❞の時期になります。 この時期は体調を崩しやすいので、充分に休みをとることも大切ですが、希望のほうに眼差しをむけて、気持ちを落ち込ませないようにしてくださいね。 ※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。 ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。 先月の不調から解放されるが、一気に走り出さないで 先月の不調から解放されて、少しずつ元気が出てきそうです。 そなうると、さっそく動き出したくなる三碧木星の人は多いことでしょう。 せっかちで、何事も思いついたらパッと行動に移したい三碧木星ですから、ついて来れない人を待つよりも、単身で行動している様子がよく見られます。 けれども今月は、仲間を作ること、チームを整えることを優先してほしいと思います。 縁の下の力持ち的な役割にラッキーが 孤独になることを、可能な限り避けてください。 これまで続けてきたことがなかなか上手くいかなくなり、グッとがまんをしなくてはならない、ということが起こる心配があり、その場合に心の支えとなる存在を大切にしておきたいからです。 そしてチームを整えるためには、裏方や縁の下の力持ち的なことをしなくてはならなくなる、ということが予想されますが、こういった役割をしっかりとはたすことが、今後の運気の安定に役立ちます。 母親や故郷の友人が開運のカギ! 母親や幼馴染などにメールを送ると喜ばれます。 もちろん、丁寧で優しい文面であることが肝心。 そこから味方が増えたり、思わぬ有益な情報がもらえたりしますので、ぜひ! 今月の恋愛運と金運は? 恋愛運ですが、異性からの人気は高まります。 母親や地元の仲間からの紹介などは有望です。 時期も時期ですから、お見合いなど顔をあわせるチャンスは後のことになるかもしれませんが、メールのやり取りなどをして、励まし合える相手かどうかを確かめるといいのではないでしょうか。 金運は、動き回ることができないので、いつもにくらべて支出を抑えることができそうです。 ここで貯蓄をしておくことは大切。 今月のラッキーアイテムはこれ! ラッキーカラーは、ブラウンカラーとグリーン。 あなたのオーラを落ち着いた雰囲気にまとめ、「先走り」をしてしまうことを止めてくれます。 普段なかなか連絡が取れなかった人とも、改めてつながる、そんなラッキーを招いてくれるでしょう。 ラッキーパーソンは、幼馴染の女性です。 ぜひ「こんな時だけど、元気?」と無事を確かめるメールや手紙を送ってみてください。 そういった細やかな心遣いが、狭い範囲から世の中全体へと広がる潤いの一滴になるはずです。 ラッキーフードは、納豆そば。 免疫力を高めることは、ウイルス感染の予防にもつながりますから、納豆などは食べておいて損はない食品ではないでしょうか。 人間関係を健全なものにするための労力にたえる力を与えてくれるメニューです。 朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは 夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。 ※全体の運勢を知りたい人はこちら (イラスト オオスキトモコ)

【九星フラワー占い】二黒土星の4月は「困っても人が助けてくれる心強さ」 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【九星フラワー占い】二黒土星の4月は「困っても人が助けてくれる心強さ」

春だというのに、不安の多いこのタイミングですが、星が発する声なきメッセージの中の希望の光を見つけていきたいと思います。 4月16日から5月の初旬まで、夏へとむかう季節の移り変わり❝土用❞の時期になります。 この時期は体調を崩しやすいので、充分に休みをとることも大切ですが、希望のほうに眼差しをむけて、気持ちを落ち込ませないようにしてくださいね。 ※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。 ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。 お腹を冷やすと運気が落ちるので注意 今月の二黒土星は、体が冷えやすく、そのため風邪にかかりやすい 傾向があります。 コロナウイルスが流行している この時期 ですから 不安も大きくなってしまいますね。 ですから体、とくにお腹や下半身を冷やさないように 注意してください。 そして規則正しい生活を心がけて、夜は早く寝るようにしましょう。 困ったときは、人が助けてくれる 笑顔と挨拶を忘れなければ、周囲の人たちは あなたの周囲に集まり、困っていれば助けてくれるはずです。 人によって態度を変えたり、 陰口や噂話をする といった事はしないように気をつけてください。 そういった裏表ある行い、または秘密にしていたことが、人の目に明らかになってしまう。 それがヒンシュクをかう恐れが今月はあります。 正々堂々としていてください。 行ったり来たりの手間から発展する また、以前諦めたことに再チャレンジする機会に恵まれそうです。 こういう前向きな流れと、なかなか物事がうまくいかず“何度もやり直し、行ったり来たりする”という流れも経験することになるかもしれません。 そうする中で、今年一年かけて取り組むべき、新しい課題、テーマを見つけることになりそうです。 今月の恋愛運と金運は? 恋愛運ですが、夫や恋人のいる人は妊娠しやすい傾向にあるので、欲しい人はチャンスだと思ってチャレンジを。 望んでいない人は注意してください。 フリーの人は、これまで頼りないと思っていた男性が、意外に有望な相手だと気が付くかもしれません。 また、じつは結婚しているという人が隠してアプローチしてくる心配があるので、この点も注意して。 金運は、あまりいい時期ではありません。 細々と散財してしまわないように、お財布の紐をしっかりしめて。 今月のラッキーアイテムはこれ! ラッキーカラーは、ホワイトとブルー。 新年度のスタートにピッタリのさわやかな組み合わせではないでしょうか。 馴れないこと、不意に取り組まなくてはならなくなったことにも、前向きに冷静に対応する力を与えてくれます。 ラッキーパーソンは、気が優しく話し下手な男性。 こういった印象のある人から連絡がきたら、運気の流れにのっている証拠です。 喜びつつ、親切に返事を返してあげてください。 ラッキーフードは、ポン酢で食べる湯豆腐。 時々、寒の戻りがある4月、体を温める湯豆腐、血液の流れをサラサラにするといわれる柑橘や酢で、体調不良を予防してください。 落ち込みやイライラも防いでくれるでしょう。 カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは 母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。 ※全体の運勢を知りたい人はこちら (イラスト オオスキトモコ)

【九星フラワー占い】一白水星の4月は「人を救える力が宿る一ヵ月」 画像
面白ネタ・雑学 OTONA SALONE

【九星フラワー占い】一白水星の4月は「人を救える力が宿る一ヵ月」

春だというのに、不安の多いこのタイミングですが、星が発する声なきメッセージの中の希望の光を見つけていきたいと思います。 4月16日から5月の初旬まで、夏へとむかう季節の移り変わり❝土用❞の時期になります。 この時期は体調を崩しやすいので、充分に休みをとることも大切ですが、希望のほうに眼差しをむけて、気持ちを落ち込ませないようにしてくださいね。 ※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。 ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。 人からの熱視線があなたにむけられる 今月の一白水星は、いつも複数の人に気にされることになりそうです。 なぜかこっそりとあなたに悩みを相談をしたり、 助けを求めてきたり、ただ単におしゃべりをしたいと連絡が来たり、そういった 人が次々と現れるでしょう。 彼らは、ずっとあなたに話しかけるタイミングを うかがっているため、あなたは視線を感じるというか、人の念を感じることになるわけです。 厄介に感じるかもしれませんが、どうか親切に接してあげてください。 親しい人との別れが待っているかも 親切にされても お礼を言わない人、アドバイスをしても 結局行動しない人いるでしょう。でもイライラしないでください。 怒りの感情を表したり、冷たくあしらったりすると、それがあなたの評判を下げてしまいます。 評判を守ることと同じくらい大切なのは、今のあなたには人を助けてあげることができるくらい 直感力と判断力、分析力(この力がとくに肝心!)に優れているので、それを無駄にしないでほしいもの。 また、親しい人との別れがやってくる可能性があり、新しく仲間となってくれそうな人を、大切にしたいときでもあります。 オーディションに応募してみて 人のため だけでなく自分のためにもその直感力や分析力を生かしましょう。 具体的には、企画書を書いて上司に提出したり、コンペ やオーディションなどに応募して自分の実力を試してみるということもラッキーアクションです。 コロナ・ショックで自宅で過ごすことも多いでしょうから、この時期にしっかりと学び、最後まで手を抜かずやり遂げるということを 身につけるいい機会です。 今月の恋愛運と金運は? 恋愛運ですが、複数の人からアプローチがありそうです。 ただ 時間にルーズな男性、“後からやってきた男性”は、何かよくない 気持ちを持ちつつ 近づいている心配があるので注意してください。 金運は、 人に優しくしたぶんだけ お金が入ってくる でしょう。一方で、ついつい使いすぎてしまうということがありそうです。 今月のラッキーアイテムはこれ! ラッキーカラーは、イエローとパープル。 黄色と紫の組み合わせは、その昔の中国の皇帝の色で、庶民は身につけることができなかったそうです。 人が集まってきたり離れたり目まぐるしい日々でも、皇帝のようにどんと落ち着き、優雅に振る舞うためのお守りカラーとなるでしょう。 同時に洋服の中で使うのは難しいかもしれまませんが、その場合は、アイシャドウやネイルをパープルにするという取り入れ方でもOKです。 ラッキーパーソンは、オシャレで華のある中高年の女性です。 年齢を重ねても、自分に手をかけ、無邪気の「私っていいよね!」という姿勢を見て、真似てみてください。 人気運が高まります。 ラッキーフードは、トマトをたっぷりのせたピザ。 自分とはちがう人、思わぬ難問も受け入れて対処できる力を与えてくれます。 水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは 「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。 ★2020年4月の全体運を知りたい人はこちら (イラスト オオスキトモコ)

    先頭 << 前 < 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 …20 …30 ・・・> 次 >> 末尾
35ページ中11ページ目
page top