世界最強・吉田沙保里の不安 | NewsCafe

世界最強・吉田沙保里の不安

芸能 ニュース

開幕したリオ五輪で史上初の選手団女性主将を務めるレスリングの吉田沙保里(33)。
 世界最強、金メダル4連覇達成という偉業の期待も高いる彼女だが、ある誤解がきっかけで評判を落としているという。

 「それは新しい事務所が金にうるさいからです」と言うのは夕刊紙記者。
 いったいどんな背景が?
 「実は吉田が所属する事務所が『個別取材するなら3万円』とギャラを要求するようになったんです。もちろん、こちらも1万円程度のギャラを出すんですが、3万円は意外でした」

 なぜ意外?
 「個別取材は悪口を書くためでなく、選手を褒めて宣伝するために行います。だから、わずかな謝礼でも相手は喜んでくれるのが一般的です。こちらはフリーのプロカメラマンを連れて行くので、その経費だけでも相当かかってしまって…」

 要するに3万円請求されるのはきついってこと?
 「そうです。吉田に関しては有名選手だし3万円は誰もが納得するでしょうが、そんな前例を作ってしまうとアマチュアの新人選手でも3万円ってことになります。うちはそこまで経費出せないですよ。私も10数年スポーツ選手の取材をしてますが、たいていは謝礼1万円でもすごく感謝されました。とにかく、いきなり3万円は疑問です」

 吉田の事務所側はどう説明している?
 「過去に何度もノーギャラの取材を受けてキレたことを明かしています。『貴重な時間を拘束されてタダはないだろう!』と怒ったんですよ。今は謝礼を出せない出版社も増えているので、納得できなかったんでしょう」

 出版がどれだけ不景気かわかっていない? 大手でも倒産危機が目白押しなのにね。
 「もともと吉田はサービス精神旺盛で、こちらが質問する前から、『恋人欲しい!誰かいい人いませんか?』などとリップサービスで記者を喜ばせてくれる性格のいい子。まさか事務所が取材謝礼の相場まで決めているのは知らないはずです」(先の記者)

 吉田の事務所はスポーツ紙や雑誌記者との付き合いも浅く、何かとトラブルを起こしている有名なところ。事務所の評判が吉田のイメージに悪い影響を及ぼさなければいいが…。
《NewsCafeゲイノウ》
page top