SMAP、紅白強制卒業の危機 | NewsCafe

SMAP、紅白強制卒業の危機

芸能 ニュース

今年1月に解散騒動を起こしたSMAPが、NHK紅白歌合戦を卒業する可能性が高くなっているという。
 「昨年、紅白にはジャニーズから7組も出場していますが、局側としては批判を受けるのが怖くなり、5組にまで削減したいと考えているんです」(芸能ライター)
 どんな批判を恐れている?

 「ジャニーズ事務所からあまりに多くのタレントを出しているため、『NHKはジャニーズ事務所と癒着しているんじゃないか』と批判が出ています。その数がハンパじゃないんですよ」

 えっ、誰がそんな苦情を言う?
 「ほとんどが芸能事務所関係者です。1人でも多く自社タレントを出すため、NHKに『選ばれる理由が不明瞭』などとジャニーズタレントを批判するメールを出すように社員たちは命じられています」

 視聴者の声に敏感なNHKだけど一般視聴者を装った組織的なクレームってこと?
 「そう。ある大手芸能事務所では、社員1人につき10通の批判メールを出すノルマがあるので、友人知人のIPアドレスまで使わせてもらい、他人になりすましてまでジャニーズ枠を削減させようと必死です」

 そんな裏側があったんだ? で、NHKはどう動く?
 「視聴者の意見は尊重するというのがNHKのスタンス。出場回数23回のSMAPに対し、『そろそろ卒業してもいいんじゃないですか?』と事務所側に話を持ちかけています。スキャンダルで世間を騒がせたペナルティと考え、バッサリ切るつもりなのでしょう」

 ジャニーズの対応は?
 「事務所の顔を潰した報復として、SMAPの紅白卒業は簡単に受け入れると思われます。ただし、その卒業の交換条件としてジャニーズのタレントから司会者を出したがっています」

 具体的に誰を出したい?
 「去年と同じく、井ノ原快彦(40)です。イノッチは緊張せずに自然体で司会をこなし、視聴者からの評価がとても高かった。本来なら経験豊富な中居正広(43)が適任でしょうが、もう中居が大舞台で活躍するチャンスはなくなるでしょうね」(先のライター)
 独立を土壇場で阻止した木村拓哉(43)以外のSMAPメンバーには、今後さまざまな試練やいやがらせが待ち受けるか…。
《NewsCafeゲイノウ》
page top