今井絵理子、「夫」の過去で逆風 | NewsCafe

今井絵理子、「夫」の過去で逆風

芸能 ニュース

夏の参院選に自民党公認で比例区から出馬表明をしたSPEEDの今井絵理子(32)。
「沖縄の小中学校の同級生で、現在は同居生活を送り、事実上の夫婦関係にあるA氏に逮捕歴があることが判明し、にわかに逆風が吹き始めました」というのはスポーツ紙記者。
今井は聴覚障害のある長男(11)を育てているシングルマザーをウリに子育てや福祉について訴える構えを見せ、知名度的にも当確が見込まれている。
「その同居男性が、那覇で風俗店を経営していて、未成年者に客を取らせたことで昨年3月に逮捕されたことが発覚したのです。しかも、中には中学生だった14歳の少女も含まれていました」
結構なスキャンダルではないか。
「しかし、彼は逮捕はされたものの起訴はされませんでした。それがきっかけになって、店をたたみ、上京して今井との同居を始めたのですが…」
今井はそこまで知っていたのか?
「風俗店をキャバクラと説明されていたようですが、彼が逮捕された時も留置場に面会に行くなど事実関係を承知していました」
既にそのあたりの事情も、一部週刊誌にスッパ抜かれてしまった。
「A氏は、逮捕時には店の経営からは手を引いており、名義変更しないままでいたため逮捕された…と説明。実際に関与していなかったことで起訴もされなかったと言い訳もしているようですが、"夫"の過去についてのネガティブキャンペーンを張られれば、今井、自民党にとっては明らかに逆風です」
自民党は今井の周辺を調べなかった?
「彼が逮捕されていても、今は更生している、と。今井も彼と一緒にやり直すという美談にしようとしていますが、有権者にそれが通じるとは思えません」
確か、今井と仲がいい歌手、宇多田ヒカル(33)が応援するという話も聞く。
「自民党から出る今井を宇多田は応援しにくいでしょう。加えてこんなスキャンダルまで発覚しているのだから、表だって動くことは考えられない」(先の記者)
楽勝とみられた今井、自民党も傷口が広がる前に、決断が必要か…。
《NewsCafe》
page top