芹那、イメージチェンジしても女性ファン付かず | NewsCafe

芹那、イメージチェンジしても女性ファン付かず

先日、タレントの芹那(30)が写真投稿サイト、Instagramで髪を染め直したことを報告。毛先だけピンク色にして「とってもいい色。つぎは水色にしたい」などとコメントした。 これを、「男性ファンが激減しているから、ファッション的な話題で女性ファンを取り込むつもり

芸能 ニュース
先日、タレントの芹那(30)が写真投稿サイト、Instagramで髪を染め直したことを報告。毛先だけピンク色にして「とってもいい色。つぎは水色にしたい」などとコメントした。
これを、「男性ファンが激減しているから、ファッション的な話題で女性ファンを取り込むつもりなのでしょう」と指摘するのはスポーツ紙記者だ。
かつて芹那といえば、2012年は年間テレビ出演本数370本以上を記録する人気者だった。ところが今は、深夜のミニ番組「芹那の美女と汗かかせていただきます」(テレビ東京系)のレギュラー1本だけというほど、落ちぶれている。
「その不人気の原因は、彼女の虚言癖。フットボールアワーの後藤輝基(41)や南海キャンディーズの山里亮太(38)らに『口説かれた』と会見などで暴露。ところが、山里は激怒して『口説いたことなどない。芸人をバカにしている』と発言。その後、一気に芹那の評判は落ちました」
そうそう、放った山里の一撃は強烈だった!
「その後は生き残りを賭けて、去年の9月に関ジャニ∞・大倉忠義(30)との交際をPRしましたが、猛烈な嫉妬を買うだけでした。大倉は人気アイドルというだけでなく、大手居酒屋チェーン『鳥貴族』社長の息子でしたからね。この時期芹那は『私は玉の輿に乗るんだから、もう仕事頑張らなくてもいい』みたいな話を周りに言いふらしたんです」
だから今年の10月、大倉にフラれたのか?
「そう。大倉は『結婚しよう』なんて一度も言ったことがないのに『婚約した』と話を広げ、それが大倉に耳に入ってしまった。ここでも虚言癖が出てしまったわけです」
なるほど…で、今さら髪の色を変えてファンは付くのかな?
「難しいでしょう。男性はファッションが変わったくらいでは興味を示さないし、裏表のある性格を見抜かれ、ファンだった若い女性も去りました。しかし、結婚を考えていた彼氏に捨てられ、毎晩泣いているアラサー女子は芹那を支持しています。同じ悲しみを味わった連帯感があるのでしょう」
一連のバッシングに芹那本人は20日に放送されたトークバラエティー「お笑いワイドショー マルコポロリ!」(関西テレビ系)で、「呼ばれる番組は芸能界で嫌われてる枠…キャラ変更してもいいかなと思っています」と自虐ネタにしていた。
「彼女の模索はまだまだ続きそう」(先の記者)だ。
《NewsCafe》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top