先生からの体罰って経験ある? | NewsCafe

先生からの体罰って経験ある?

社会 ニュース

先だっての7月に三重県鈴鹿市の市立小学校で、暴れた4年生の男子児童の脚を40代の男性教諭が蹴り、男児の父親が傷害容疑で鈴鹿署に被害届を出すという事件があった。傷害容疑をかけられた教諭は「人を蹴ることの悪さを教えたかった。反省している」と話し、男児と父親に謝罪した。鈴鹿市教育委員会などによると、校内で暴れていた男児を担任の女性教諭らが取り押さえ、そこに駆け付けた男性教諭が左脚を蹴ったという。
こういった「傷害事件」とは別に「ビンタ」や「ゲンコツ」といった以前は当たり前のように見られた景色が、保護者から厳しい視線で観察されるようになったのは、ここ最近の事だ。ある一定以上の年齢の人は、学校で何か悪さをしたり怠けた態度をとって、先生から、軽い体罰を受けた経験があるはずだ。NewsCafeのアリナシコーナーでは「先生に体罰を受けたことがある。これってアリ?」という調査を実施。結果と共にさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…67.9%】
■私の時代には体罰は普通にあったなあ。
■ゲンコツなんて当たり前の世代です。
■今考えたら体罰かな?ビンタや竹刀で頭や太もも叩かれたりしてた。
■体罰は今でも忘れない!理不尽な先生は許せない。
■ビンタやゲンコツは当たり前だった。今の学校は生徒を甘やかし過ぎ。
■愛のある体罰だった。今は親がうるさ過ぎる!!
■体罰と言えるかな?中学時代は竹の棒でコンとやられていた。いい思い出ですよ。
■筋が通っていて理不尽でなければいいと思うけど。

【ナシ…32.1%】
■だって昔はそれが当たり前だったので、体罰とは言わない。
■ナシだけど理由がある体罰は必要かな…。
■先生の機嫌で殴られるのは体罰。自分が悪い場合は違う。
■私自身はない。でも、悪さをしたら叩かれて当たり前だと思っていた。
■体罰?今はそう言うのね。うちらの頃は叩かれた時代だから。
■あっ、クラス女子全員が渡り廊下で正座30分っていうのがあった。これも体罰?

【アリ派】がおよそ7割を占める圧倒的な結果に。その中を見てみると、「自分の世代は当たり前だった」という声がほとんどだった。そのほかに、「愛のある体罰」「体罰を受けたというより、いい思い出になっている」という意見も見られた。学園モノのテレビドラマで人気を呼んだものに「ごくせん」「GTO」があるが、いずれも人気コミックを原作として、しかもドラマもシリーズ化するほどヒットした。共通するのはどちらも荒廃した学校に現れる"救世主"として先生が描かれる事だ。非行、暴力、さらに先生からの「体罰」のシーンも出てくる。しかし、どちらの主人公、担任教師とも受け持つクラスの生徒から慕われる。ここには先生と生徒の間に絶対的な信頼関係がある。もちろん作り話だが、現在の学校で失われたものだろう。昔よりも生徒と先生との信頼関係、生徒から先生への尊敬の念が薄くなってるので、子供が体罰を受けると大騒ぎする、という問題にもなるのかもしれない。一方、【ナシ派】の意見を見てみると、「昔は当たり前だったから、体罰という認識はなかった」「悪さをすれば叩かれるのは当然」など、【ナシ派】の回答者だが、先生から叩かれたりする事、イコールすべて体罰とは思わない、という主旨の声が聞かれた。これは【アリ派】の意見に見られたものと同様な事を指すようだ。つまり、「体罰」という言い方よりも、愛情がこもっているから、「指導」だったのでは、という意味なのだろう。昔の学校では体罰はいわば公認だった。しかし、認められていた背景に、先生は尊敬される存在だったから、という理由もあったのかもしれない。

[文:羽生弘]
《NewsCafeアリナシ》
page top