虐待?しつけ?親に叩かれた事がないって… | NewsCafe

虐待?しつけ?親に叩かれた事がないって…

社会 ニュース
子どもを虐待する親には重い刑罰が与えられるなど、幼児虐待には特に厳しいのがアメリカだ。しかし、先進国の中で最も児童虐待被害者が多いという統計結果も同時に出ている。児童虐待防止活動を行う「Childhelp」によると、アメリカでは毎日、5人の子どもが虐待に関連して命を落としているのだという。「児童虐待大国」アメリカで、その正反対のイメージで輝かしい活躍を見せているハリウッドスターの子役の中にも、幼少期に親や親族から虐待を受けていた者がいる。映画「E.T.」で天才子役としてデビューしたドリュー・バリモアもその1人だ。母親からの育児放棄以外に、実は父親からも虐待を受けていたと告白した。彼女は両親が離婚する9歳までの間、ずっと暴力を受けていたという。それだけ話を聞くなら、彼女はさぞかし父親を憎んでいるだろうと思うもの。しかし、彼女は取材に答えて、「小さい頃は父が大嫌いだったが、成長して、自分も大人になった今は父を愛している。暴力に訴えるのもすべて彼の個性だと受け止めた」と語った。それと同時に「虐待されたことによる痛みは、もうなくなった」と過去に負った痛みを克服したことを明かした。日本では昔から「躾には叩くことも必要」と主張する人もいる。しかし、それは果たして本当だろうか。さらに実際に自分自身は親から叩かれた経験は持っているのだろうか。

そこでNewsCafeのアリナシーコーナーでは「親に叩かれた事がない。これってアリ?」という調査を実施。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。
【アリ…16%】
■それでいい子に育つかは別。私は理不尽に殴られたとも思いますが…。
■ない。でも甘やかされたわけではない。
■精神的な暴力なら数え切れない。
■叩かれる程酷い事はしたことない。1人娘だし、大事に育てられた。
■1回もない。両親が理想の親であり、尊敬できる親!
■子の本質を見極められなければ、ただの暴力。哀れな子が増殖する。

【ナシ…84%】
■叩かれた事の無い子供がいじめとかするのかも。
■親がやらずに誰がやる。親まで手を上げられなくなったら、誰が子供を躾るの?
■今なら虐待だって大騒ぎになる。昔は今ほど陰湿じゃなかった。
■ただし、親のイライラ解消目的や虐待等は論外ですけど。
■叩かれて育ちました。今の子は違うみたいですけどね。
■ない?そういう奴がいるから非常識な奴がいる訳だ。
■ぶっ飛ばされて育ったけど、お陰で分別はつくよ。鉄拳も時に必要!
■本当に必要なシーンのみ理性を持って叱るのは必要。力加減も同時に。

【ナシ派】が、およそ9割を占める圧倒的な結果になった。その回答を見てみると、「叩かれた経験の無い子がいじめをしたりするのでは?」「親が躾をせずに誰が叩くのか?」と、あくまでも子どもの躾にある程度の体罰も必要という声が数多く見られた。英国の権威のある新聞、「タイムズ」に発表された米国カルヴィンカレッジのグノエ教授の論文によると、「叩かれないで育った子どもは、叩かれた事のある子どもに比べて、反社会的行動や早めの性行動、楽観主義などに走る傾向がある」という。さらに【ナシ派】のほかの意見を見てみると、「叩くのはアリでも、親の行き過ぎた体罰は立派な家庭内暴力」という声も見られた。つい先日、俳優、大沢樹生の長男が、実母の女優、喜多嶋舞と父の両方から行き過ぎた家庭内暴力を受けていた過去を週刊誌に告白した。有名俳優夫婦の間の子どものDV告白だけに注目を浴びた。喜多嶋と離婚した大沢は息子と2人で暮らすようになったが、その間に暴力は一層激しくなり、長男は警察に駆け込んだこともあったという。しかし、現在、渦中の大沢が9月末にブログを更新し、報道された「虐待疑惑」を全面否定。事実は明かされていない。一方、少数の【アリ派】の意見を見てみても、「子どもに必要と思ったときだけに留めないと」という、回答があった。行き過ぎた暴力を認める意見は【アリ派】【ナシ派】、どちらにもない。
躾の最終的な手段として叩くことも時と場合によっては必要かもしれない。しかし、それが効果を発揮するのはあくまでも親子間に信頼と愛情がある場合だけなのかもしれない。

[文・羽生弘]
《NewsCafeアリナシ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top