バーモントカレーといえば?「ヒデキ、カンゲキ!」「リンゴとハチミツ、とろ~り溶けてる」 | NewsCafe

バーモントカレーといえば?「ヒデキ、カンゲキ!」「リンゴとハチミツ、とろ~り溶けてる」

芸能 ニュース

8月25日から26日にわたって「24時間テレビ35 ~愛は地球を救う~」が放送された。この番組内のコーナー「私に未来をくれた日本の名曲」では歌手、西城秀樹がヒット曲「ヤングマン(Y.M.C.A.)」を生出演で披露。2度の脳梗塞に襲われ、右半身まひの後遺症に悩ませられながらもリハビリで回復し、いつもの激しいダンスをしつつ熱唱した。さて、この西城秀樹で「バーモントカレー」のCMを思い出す人もいるだろう。彼は"ヒデキ、カンゲキ!"という名フレーズで「カレーといえばバーモントカレー」を多くの人にイメージ付け、長きにわたってCMキャラクターを務めた。その期間は1973年から1985年のことだ。しかし、「バーモントカレー」が発売されたのは1963年。長い歴史を持つ商品だけに、CMキャラクターを務めたタレントも数多くいる。アナタが「バーモントカレー」ですぐに思い起こす人は果たして西城秀樹だろうか。それとも他のタレントだろうか。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでは「バーモントカレーといえば西城秀樹。これってアリ?」という調査を実施。結果と共に寄せられたさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…70%】
■絶対にヒデキカンゲキ!ですよ(笑)。
■西城秀樹のイメージが強い。
■西城秀樹以外に誰が居る?彼が感激したから私達も食べたのだ。
■年代的にヒデキです。私の年代なら「秀樹カンゲキ!」でしょ!
■昭和の人間なもんで…。
■昔はヒデキ。今は相葉ちゃん。
■「リンゴとハチミツとろーり溶けてる」秀樹、感激のCMは印象的。
■歳がわかってしまうなぁ…。

【ナシ…30%】
■相葉ちゃんが、爽やかでいいな。
■相葉ちゃんしか思いつかない。
■東山紀之、相葉ちゃんのジャニーズの人達。TOKIOの長瀬もやってたよね?
■カレー大好き相葉ちゃんでしょ!大野君とコラボしないかなぁ~。
■昔は秀樹さん。でも今はやはり「相葉チャン」でしょ。
■ここ最近のバーモントのCMはイメージが弱くて思い浮かばないな。誰でした?

【アリ派】が7割以上を占める結果に。「ヒデキ、カンゲキ!」「リンゴとハチミツ、とろ~り溶けてる」という有名なフレーズやCMソングが印象的だと答える人が多数いた。リンゴにハチミツが溶けてかかるCM映像に併せて流れる、CMソングは数々のヒット曲で有名な山下路夫、いずみたくコンビが、それぞれ作詞、作曲を手掛けた。一方、【ナシ派】の中で名前が挙がったのはアイドルグループ、「嵐」の相葉雅紀だ。そのほかの意見の中に、ジャニーズ事務所のタレントが多くCMキャラクターを務めたという指摘があった。歴代キャラクターのリストを見てみると、回答の中にあった「少年隊」の東山紀之、「TOKIO」の長瀬智也のほかにも、「KinkiKids」の堂本光一・堂本剛、「NEWS」の手越祐也もいる。東山は西城に次いで歴代2位となるほど長期間キャラクターを務めた(1986年~1995年)。ちなみにちょっと変り種ではスポーツ関係から、メジャーリーガー、イチローや元サッカー日本代表、小野伸二もいる。

相葉雅紀が所属する「嵐」はいま人気を不動のものとしているグループだ。それだけに自然とメディアへの露出も多い。メンバー個々の活動も強い印象を残すだけに、バーモントカレーと相葉がセットで思い浮かんだ人も多かったのかもしれない。
[文・羽生 弘]
《NewsCafeアリナシ》
page top