のん、出直し高評価の今後 | NewsCafe

のん、出直し高評価の今後

デスク「能年玲奈を名乗れずに改名、出直した女優、のん(23)に追い風が吹き始めたな」

芸能 ニュース
デスク「能年玲奈を名乗れずに改名、出直した女優、のん(23)に追い風が吹き始めたな」

記者「発売中の週刊文春では、彼女の出世作NHK朝ドラ『あまちゃん』の舞台になり、先の台風10号で被害を受けた岩手県久慈市を彼女が慰問した様子がグラビアで大きく報じられていますね」

デスク「スポーツ紙やワイドショーでは全然やってなかったけど、地元では大騒ぎだったてな」

記者「あまちゃんで共演した女優、渡辺えり(61)ともともとは地元の秋祭りに参加の予定だったのが、台風被害で祭りが中止になり、各地を慰問して歓迎されたそうです」

デスク「のんが注目されたのって、それだけじゃないんだろ?」

記者「11月に公開されるアニメ映画『この世界の片隅に』で声優初主演を果たしました。戦時中の広島県呉市を舞台にした作品ですが、できがいいと評判なんです」

デスク「元の所属事務所とのトラブルから、再浮上は当分無理だと思ってたけど、案外拾う神ありってか」

記者「ただ、大方の芸能マスコミは元の事務所レプロエンタテインメントが、業界につよい影響力を持つ"バーニングプロダクション系"ですから、その顔色をうかがって彼女を持ち上げるような報道はしませんね」

デスク「そうなの?」

記者「アニメの完成披露試写会での彼女の様子も『(事務所との騒動について)質問には答えず。申し訳なさそうに一礼し舞台裏に消えた』と淡々と報じるところが多く、のんの活躍ぶりを伝えるスポーツ紙はありませんね」

デスク「なるほどね。で、今回は岩手・久慈に同行した渡辺あたりはそうした業界のしがらみの薄いタレントだから、彼女との仕事には問題がなかったんだろうね」

記者「アニメの仕事も評価が高いようですから、ジリジリとのんの評価が上がれば、レプロ側も"能年いじめ"はできないかもしれません」

デスク「あとは、バーニング直結の小泉今日子(50)が表から支援するようなことになれば状況は変わるだろうけど…」

記者「それは難しいでしょうね」

デスク「業界はそこまで甘くないってか」

記者「ハイ…」
《NewsCafeゲイノウ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top