目が離せない元ジャニーズJr.の動向 | NewsCafe

目が離せない元ジャニーズJr.の動向

芸能 ニュース

新年早々にジャニーズ事務所からの退所が話題になった元ジャニーズジュニア・田島将吾(17)の噂が聞こえてきた。 「さっそく活動を再開したのはいいんですが、微妙なイメチェンにファンが面食らっています」とはジャニーズウオッチャー。 田島は2009年にジャニーズ事務所入りし、ジャスティスという名のクマのぬいぐるみを持ち歩く不思議ちゃんキャラで注目され、バラエティーやドラマで活躍していたが、なぜか突然、公式サイトのプロフィールから名前が消えた。 加えて、街中でのファンからの問いかけに対し、「(ジャニーズ事務所を)辞めました」と明言したことで退所が確定し、その後の動向が注目されていた。 「今年4月から高校3年生になるので、学業優先かと思われていたんですが、さっそくツイッターのアカウントが発見され、そこには『G-EYE(ゴッドアイ)』なる動画へのリンクがツイートされており、ざわざわ状態。ここにきてYouTubeにアップされた動画に『やっぱり田島がいた!!』と騒がれています」 その詳細は? 「動画は1分足らずの短いもので、タイトルは『G-EYE Teaser Type-0』。黒いマントを羽織った6人の人物が登場し、センターに人物が降臨してマントを脱ぐという流れなんですが、その人物が田島そっくり。動画のラストに、翻訳すると『2039年からやってきた』といった英文が差し込まれている予告タイプです」 要は、田島はジャニーズを辞めて、今後はその「G-EYE」とやらの6人組のバンドなりパフォーマンスグループなりで再活動するという意味と解釈すればよいのか? 「いやはや何とも。今のところ『G-EYE』が何なのかというより先に、田島のイメチェンが話題です。アイメークに凝った感じのシュッとしたビジュアルメークでの登場に、『ジャスティスはどこいった?』『何をしたいの?』『学業優先した方がいい』などと、ジュニア時代からのイメージを想像していたファンを早くも落胆させています(笑)」 同じようなタイプで思い出すのが元ジュニアの角田侑晟(19)か。 退所後の2014年、「YU-SEI vivit AZAZEL(ユーセイ・ヴィヴィッド・アザゼル)」の名で、ドラキュラのようないでたちで「転生デビュー」をアピールしていた。 「角田が元凶で、『転生』というワードは元ジュニアにとって鬼門化しつつあります。ただ、田島はそもそも学業優先というのは表向きで、プライベートでエスカレーターの手すりでふざけている写真が公開されて、仲間のジュニアが先にクビになったという過去もあるため、先に辞めたジュニアメンバーにとっても今回の『転生』アピールは火種になったようです」 確かに、退所後に「Sure Shot」というバンドで音楽活動を続けている元ジュニアの林一平(16)は、ツイッターで「G-EYE」に対し、「恐怖。何がしたい?もうやめてくれ。関わるな」などと意味深ツイートしたもののすぐに削除するなど波紋を拡げている。 「K-POPファンからも『EXOの楽曲に酷似している』という指摘もあり、田島は早くもピンチ状態です」(先のウオッチャー) なんだかんだで目が離せない!?
《NewsCafe》
page top