【ウラ芸能】蛭子能収が狙う柳の下… | NewsCafe

【ウラ芸能】蛭子能収が狙う柳の下…

芸能 ニュース
記者「タレントってみんな貪欲ですよね」

デスク「そりゃそうさ。オイラなんて淡白な人間にはできない仕事だわ」

記者「はぁ?」

デスク「で、誰のこと言いたいの?」

記者「日めくりカレンダーを出した漫画家でタレントの蛭子能収=えびす・よしかず=(68)ですよ」

デスク「おお、去年ヒットしたプロテニス出身のスポーツキャスター、松岡修造(48)の完全なマネって感じだな。蛭子のことだから脱力感満載の内容なんだろね」

記者「『人生には"前向き"だけじゃなく"後ろ向き"も必要ですよ』とか…」

デスク「うん、分かる。それは同感だな」

記者「『人生の目的は、死なないこと!』とか…」

デスク「なるほど、なるほど…。案外面白いな。ただ、そんなのが365日あるってか」

記者「いやいや、全部で31日、つまり10日に1回まくるだけで、合間に蛭子の写真があしらわれてるって…」

デスク「じぇじぇっ! 思わず、昔のギャグで驚いたわ」

記者「つくりは松岡のとほぼ同じ感じで、タイトルは『生きるのが楽になる まいにち蛭子さん』。価格は1080円です」

デスク「うーん、売れるかぁ?」

記者「松岡のは100万部売れたそうで、蛭子は『その10分の1でも売れれば…』と皮算用。1部売れると7%ほどの印税だそうで、事務所に2%引かれて本人には5%、50円ほど入るんだとか」

デスク「10万売れりゃ、500万円ってか…」

記者「本人はPR会見で、700円入るって、1ケタ勘違いしてて、爆笑されてましたけどね」

デスク「あの手のものって案外需要があるから、松岡の『がんばれ!がんばれ!』『なぜ熱くならない!』みたいな、グイグイ来るメッセージが嫌な人には売れるんじゃね?」

記者「うーん、それはないですよ。10万どころか、1-2万部っていう水準だと思います」

デスク「ま、もともとコストのかかってないやっつけ仕事だろうから、誰も損しないんだろね」

記者「ある意味うらやましい限りです」

デスク「同感…」
《NewsCafeゲイノウ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top