AKB・チーム8、一番の悩み | NewsCafe

AKB・チーム8、一番の悩み

芸能 ニュース
先日開催された法政大学の学園祭にAKB48・チーム8が出演。このとき、「2万年に1人の美少女」とネットで話題になったメンバーの小栗有以=ゆい=(13)が、ファンのマナーの悪さが原因で号泣する事態が起きた。
「チーム8の公演中『厄介ヲタ』と呼ばれるファンたちが迷惑行為を繰り返していたんです」とはアイドルウオッチャー。
各地で握手会を行うなどファンとの距離の近さがアダになったか。
「そこであったのが、過剰にジャンプを繰り返す『マサイ』と呼ばれる迷惑行為。ほかに、ファンが肩車で別のファンを頭上に持ち上げる『リフト』などが横行していました」
お祭りだから良さそうなもんだけど…。
「小栗は公演のラストに『今日は楽しかったけど、約束を守ってくれない方もいて、もうプンプンです!』と観客に向けて語りかけ、空気が悪くならないように優しくマナーの悪いファンに呼びかけましたが、その瞳からはポロポロと涙があふれたのです」
涙を流すのも分かるような…。
「その涙をきっかけに、AKBファンの間では厄介ヲタに対して『13歳の女の子を泣かして楽しいか?』などとネットを通じて批判が殺到しましたが、非常識な彼らが改心することはないでしょう」
運営側はもっと厳しい注意をするべきだったのでは?
「もちろん、通常なら迷惑行為を繰り返せば退場させられ、目に余る厄介ヲタは出禁処分を受けます。しかし、2014年春に誕生したチーム8は結成から日が浅く、まだファンが定着していない。運営サイドはファンを減らしたくないため、厄介ヲタに厳しい態度をとることができないわけです」
なるほど…。
「また、予算の関係で警備スタッフが少ないのも問題です。AKB運営サイドの管理の甘さが最大の原因なのに、メンバーに直接注意させるのはおかしという声も上がっています」
過去にはタレントが襲撃されたこともあったし、ファンの扱いは難しい…。
「影響は既に出ていますよ。厄介オタの迷惑行為はどんどんエスカレートし、会場でシャボン玉を飛ばしたりスイカを割ったりとやり放題。主催者サイドは『チーム8を呼ぶにはリスクがありすぎる』と敬遠するようになりました」(先のウオッチャー)
厄介オタをこのまま野放しにしていたら、チーム8の存続も危うくなってしまう?!
《NewsCafe》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top