少年隊・植草克秀、グス男へと退化したワケ | NewsCafe

少年隊・植草克秀、グス男へと退化したワケ

芸能 ニュース

ジャニーズ・少年隊の植草克秀(49)のウワサが聞こえてきた。
「俳優として株を上げたばかりなのに、男としてはまたも醜聞で恥をさらしている状態です」とはジャニーズウオッチャー。
俳優として株を上げたというのは、9月に大阪で上演していたKinKi Kids・堂本光一(36)主演のミュージカル「Endless SHOCK」で、出演していた女優、前田美波里(67)が骨折により舞台を休演したため、10月の福岡公演を含め、植草が代役を務めたことだ。
「急きょ、途中参加しながら無事に代役をこなし、久しぶりに賞賛されて浮かれたせいなのか、週刊誌で大阪の高級クラブでの乱行ぶりをホステスに暴露されました」
報道によると、植草は大阪公演中の深夜、2年前にも訪れたという高級クラブに入り、オカマのホステスとキス。今回の乱行を暴露したホステスとは2年前に知り合っており、その時は肉体関係を迫ったという。
「ホステスが客の情報をペラペラしゃべるのはプロ失格ですが、植草のことを『本当に気持ち悪い』と切り捨てたあたり、植草にはもうスター性がないともいえます」
さらに植草は店でビール1本をちびちびと飲み、ホステスには水割り用の水を飲ませていたというドケチぶりまで暴露されている。
「スター性がない以前に、クラブではホステスに好きなドリンクを飲ませるというルールさえ知らないという点も情けない。あ、知ってて飲ませないからドケチなのか。ドSなのか…。結局その復讐で暴露されたのでしょう(苦笑)」
当の植草は週刊誌記者の直撃取材に対し、「代役で忙しい時にそんな店に行くはずがない。そのホステスも知らない」と答えている。
「記事の信ぴょう性うんぬんより、植草は2010年に離婚し、2013年に追っかけファンの女性とデキ婚した際、前妻に払っていた養育費の減額を家庭裁判所に申し立てたというケチぶりで注目を浴びた前例があります」
…てことは?
「今回も金をケチったのは間違いなく、この醜聞でさらにクズ男になり下がった感は否めません」
前妻がツイッターでPTSD(心的外傷後ストレス障害)で通院したことや裁判の経緯、2人の子供に対する植草の冷たい対応を報告したことから、世間の知るところとなったが、10月に入ってから植草はさすがに申し立てを取り下げている。
「男としても父親としても今後のためにも名誉挽回しないとマズイですね。植草の代役について少年隊のメンバー・東山紀之(49)が公式サイトで『よいチャンスをもらったね。この機会を逃さないで!』とメッセージを送ったのは、プライベートの問題を含めた大人のコメントでした」(先のウオッチャー)
元妻やホステスにクズぶりを露呈されても同情の声なしとは、自業自得の一言に尽きる?
《NewsCafe》
page top