【ウラ芸能】香川照之、歌舞伎界で倍返し | NewsCafe

【ウラ芸能】香川照之、歌舞伎界で倍返し

芸能 ニュース

デスク「この夏、NHK朝ドラ『あまちゃん』とともに、いやそれ以上に注目されたドラマ『半沢直樹』(TBS系)も22日放送で終わりだな」

記者「主演の堺雅人(39)をいびり倒すメガバンク常務を演じた香川照之(47)なんですが…」

デスク「いいヒールぶりを発揮してたね」

記者「実生活でも、腹黒いっていう評判が立っています」

デスク「…っていうと?」

記者「ご存知のように実父の先代・市川猿之助=現・猿翁(えんおう)=(73)の後継者として歌舞伎界に進出したい、とちょうど2年前2011年9月に宣言し、昨年6月に市川中車(ちゅうしゃ)として歌舞伎俳優になったじゃないですか」

デスク「ああ、自分の息子を市川團子=だんこ=(9)として育て、将来的には猿之助にしたいっていうハラだろ」

記者「なのに香川は相変わらずテレビ中心でボクシングの解説までしたり、歌舞伎俳優のけいこもおろそか…歌舞伎界からずっと冷視線を浴びています」

デスク「予想されたことではあるよね」

記者「そこで香川がより所としているのが松本幸四郎(71)なんだそうです。10月にある幸四郎の公演に團子を出演させるなど接近が急です」

デスク「猿翁はパーキンソン病は治らないだろうし…仕方ないんじゃないの? 香川と幸四郎は東京の名門男子校暁星学園の先輩後輩でもあるしな…」

記者「2人が接近する理由は、幸四郎が知名度の割に歌舞伎界で集客力がなく、公演のチケットが売れないこともあるんです。香川のほうは、その名前で舞台に上がればチケットが手に入らないほどの人気。『半沢ブーム』でますます香川が舞台に立てば集客を期待できる。幸四郎のほうは若い時からテレビやミュージカルに出てきたこともあり、香川には親近感を持っているし、2人の利害も一致、と」

デスク「歌舞伎界の本流である成田屋は市川海老蔵(35)の父、市川団十郎(享年66)が今年2月に亡くなったばかりで、歌舞伎界の勢力地図にも変化が出てるってか」

記者「そのあたりの力学を見ながら、幸四郎にスリ寄る香川の倍返しが始まりそうです」

デスク「さすが東大出、と言っておくよ」
《NewsCafeゲイノウ》
page top