悩み多きルックス…「自分の外見に不満がある」9割超 | NewsCafe

悩み多きルックス…「自分の外見に不満がある」9割超

社会 ニュース
「身体醜形障害」という病状がある。美醜に極度にこだわるあまり、自分の体や容姿を実際より低くイメージしてしまい、重度の場合は強迫性障害や統合失調症にまで陥りかねない。強迫観念からうつ病を併発する割合も高く、欧米では専門分野として治療されているほどだ。
病とまではいかなくても、外見のコンプレックスは、性格や行動に直結しがちだ。「自分が思うほど、他人は自分を見てはいない」…わかってはいても、自分の"見た目"についてどうしても気になってしまう人は多いだろう。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでも「自分の外見に不満がある?」という調査が実施された。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…92.3%】
■自業自得だけど痩せられない。
■あたしゃも少し背が欲しい。
■わたし完璧って言ってみたい~。
■髪が天然パーマ。サラサラの人が羨ましい。
■白髪にほうれい線…重力には逆らえない。
■スーツが脱げない! …メタボスーツが!
■頭薄いし、顔も悪いし…。
■骨太で身長も大きいから骨細と小柄になりたい。
■満足できるような外見ならば、たぶん人生違ってた。
■すべてがコンプレックスの塊です。

【ナシ…7.7%】
■外見は…なるようにしかならない。良い歳の取り方をしたい。
■この年になって今さら…ハッハッハ(ヤケ)。
■見た目で勝負する時期が終わった。
■若い頃イケメンといわれ今もかなり若く見られる。
■親に感謝している。大満足。
■そういう面では恵まれてて良かったと思う。
■個性と付き合います。
■不満があったところで…外見だけか?
■ハーフではないのに背は高く美しい外見に産んでもらった。
■もぉいまさらだよ…欲だしゃキリない。

結果は【アリ派】9割超と圧倒的。一方の【ナシ派】からも「もう今更っていう年齢だから」「なるようにしかならないと諦めている」など、切ないコメントが多数寄せられた。「満足している」と答えた人は、実質的には2~3%といったところだろうか。
最も多かったのは「太っている」という悩み、そして顔立ち、頭髪、身長…と続く。他にも「襟足の逆毛」「歯並びとギョロ目」「ニキビがちょっとある」「ヒゲが濃い」「家族の中で私だけが一重だなんて…二重が良かった」などピンポイントな悩みまで様々だ。
たとえ他の誰かが「そんなことないよ」と言ってくれても、きっと外見の悩みはなくならない。ただ、この「9割以上の人が自分の外見に不満を持っている」という事実は、救いといえば救いか。容姿については誰でも悩む…むしろこの悩みは人間の特権とでも考えて、多少なり心を軽くしたいものだ。

[文・能井丸鴻]
《NewsCafeアリナシ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top