「踊る」の最終作の興行収入は既に40億…続編は? | NewsCafe

「踊る」の最終作の興行収入は既に40億…続編は?

芸能 ニュース
フジテレビの連続テレビドラマ「踊る大捜査線」の劇場版第4作となる映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」が9月7日より全国公開となった。今作はテレビドラマ含め15年に渡るシリーズ最終作。主演の織田裕二はじめこれまでに登場した人物が再集結し、かつてなく豪華な仕上がりとなっている。完成披露試写会で織田は「後悔はないです。本当に終わりです。観客の皆さんと一緒に映画を観て、終わるんだなって整理が付きました」と涙を浮かべて観客に語った。幕を閉じる人気シリーズへの惜しむ声は多いようで、数回に渡って劇場に足を運ぶファンも少なくないようだ。
NewsCafeのアリナシコーナーでは『踊る大捜査線の続編が見たい。これってアリ?』という調査を実施。結果とともに寄せられた声をそれぞれご紹介しよう。

【アリ…46%】
■やっぱり見たい!家族が出来たとか、偉くなったとかとか。
■やっぱり面白いので、いつかまたやって欲しいです。
■管理職になったレギュラー陣をたまに見るのもいいか。
■5年後くらいに「踊る大捜査線リターンズ」とかありそう。
■もう少し続きが見たい半面、終わりにするのも良しかなって気持ちも。
■すみれと青島がどうなるか観たい。
■映画もいいけど新たにTVドラマ版も作ってほしい。

【ナシ…54%】
■俳優さんが歳をとりすぎ。若いからこその面白さが好きだった。
■「きっちり終わらせる」のが大事ってことがわからない?
■変に引っ張ってボロが出るのは見たくない。
■もうピークは終わった。
■キリのいい所でキッパリ終えるのが美学だと思う
■私の中では和久さんがいなくなった時点で「踊る」は終わってます。
■惜しまれてる時が潮時。

半数以上が【ナシ】と回答。「人気のあるうちに終わらせた方が良いと思う」といった意見が相次いだ。

「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」の動員数ランキングは公開から4週連続で首位を獲得し、300万人を既に突破。興行収入は40億円だという。さて、アナタの意見は?
《NewsCafeアリナシ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top