救急車、あなたは乗ったことある? | NewsCafe

救急車、あなたは乗ったことある?

社会 ニュース

救急車で病院に搬送された女装家、ミッツ・マングローブが8月22日、レギュラーを勤めるNTV系情報バラエティ「ヒルナンデス!」に生出演。芸能活動を再開させた。ミッツは、40度近い高熱と全身の刺すような痛みで寒気で震え、あまりのつらさに、生まれて初めて救急車を要請したという。全身を襲った症状のもとは夏風邪をこじらせたことだった。あまりにも苦痛だったが、本当に救急車を呼んでもいいかと戸惑ったという。
「救急車を呼んだ、乗車した」と人から聞けば、一刻の猶予も許さない大変な病気、ケガに見舞われたのだろうと思ってしまう。NewsCafeのアリナシコーナーでは「救急車に乗った事がある。これってアリ?」という調査を実施。結果と共にさままな意見をご紹介しよう。

【アリ…68.6%】
■看護師の仕事で。職業がら乗りますよ。患者さんの搬送は、ハラハラドキドキです。
■交通事故で運ばれた。
■家族が倒れた時付き添いで。まさか自分が乗るとは思わなかった。
■すごく乗り心地は悪かったです。もう乗りたくない。
■大動脈瘤乖離で、二回程乗りました。よく助かったよな…。
■車内はサイレンはうるさくなかったですよ。
■脳梗塞の持病持ちで三回お世話になった。
■搬送の業務で。救急作業要員です。

【ナシ…31.4%】
■乗ったこともないし、今後もお世話になりたくない。
■安易に呼ぶ人もいるようだけど、いくらなんでもマズイと思うけど。
■パトカーに続き、これもいまだかつてお世話になったことがない。
■高校の時に近所の野次馬がイヤなので、痛みに耐えながら家族の帰宅を待って病院へ。
■父の為に呼んだ事はあるけど乗ったことはない。
■昔、交通事故にあったけど相手が救急車呼んでくれなかった…。

【アリ派】の回答の中には看護師、救急搬送の作業者など「仕事で乗った経験」といった声がちらほら。一般で乗った事がある人の多くは、「まさか自分が乗る事になるとは」と経験したことが信じられない様子だ。乗り心地も決してよくない、という意見もあった。【ナシ派】を見てみると、昨今話題になっている"救急車をタクシー代わりに"利用している人への非難があった。2005年、香川・高松市で、1年間に50回近く救急車をタクシー代わりに呼んだ男が逮捕されるという事件があった。裁判の結果は、公務執行妨害や傷害の罪で懲役3年6カ月の判決が下された。ちょうどその頃に総務省消防庁は、増える一方の救急車出動の対策として有料化や民間活用をテーマに専門家による検討会を発足させたばかりだった。

緊急度の低い不適切な救急車の要請が増加している。擦り傷、虫さされ、歯痛さらに検査のための通院などもあるという。モラルハザード(倫理観の欠如)にはくれぐれも注意したいものだ。

[文・羽生 弘]
《NewsCafeアリナシ》
page top