AKB48・大島が初挑戦!「距離感をつかむのが難しい…」 | NewsCafe

AKB48・大島が初挑戦!「距離感をつかむのが難しい…」

芸能 ニュース
AKB48で長年センターを務めてきた絶対的エース・前田敦子が卒業を発表。6月6日に東京・日本武道館で開催される「第4回AKB48選抜総選挙」を前に、NewsCafeでは『アナタが予想する次のエースは誰? 』とアンケート調査を実施した。

その結果、約4割の票を集め、圧倒的な支持を得て1位となったのが大島優子だ。

■優子ちゃんは可愛いし何でも器用にこなしリーダーシップもあるから[女性/30代/主婦]
■あっちゃんに次いで2位だし、前にセンター取ったことがあるから!みんな頑張ってくださいね[女性/10代/学生]
■しっかりとAKBを引っ張っていきそう[男性/30代/その他]
■ライブなどで司会進行をしてるから[男性/20代/フリーター]
■総選挙でも人気があり最近はドラマやバラエティー番組など忙しいスケージュルでも仕事をこなしてるところから[女性/10代/学生]
■あっちゃんがいなくなったら次のエースは大島優子しかいないでしょ!![女性/30代/専門職]

単に容姿の好みだけでなく、彼女のリーダーシップやAKB48以外にもドラマやバラエティ番組で幅広く活躍する仕事への評価も高い。

そんな大島優子が、ディズニー・ピクサーの最新作『メリダとおそろしの森』の主人公メリダ役の声優に大抜擢。5月8日に、都内のスタジオで公開アフレコ会見を行った。

『メリダとおそろしの森』は、ディズニー・ピクサー史上初の女性主人公・王女メリダの冒険を描く、勇気と感動のファンタジー・アドベンチャー。スコットランドの森の王女としての責任から解放され、自由に生きることを求めるメリダが、ある日、禁じられている「森の魔法」を使ったことから、王国に呪いがかけられてしまい存続の危機に直面する…というストーリー。

大島は、お転婆で芯が強いメリダを堂々と演じ、既にメリダのキャラクターになりきっているかのようだった。そんな彼女の記者会見でのコメントをご紹介しよう。

── メリダに決まった時の心境は?

「ディズニー・ピクサー作品が大好きなので、(今回の声優決定を受け)まるで夢のようです」

── 初めてハリウッド作品に携わることについて。

「(ハリウッドについて)気にすると萎縮してしまうので、なるべく意識しないようにリラックスしてメリダを演じたい」

── 初めてメリダの声をあててみて難しかった点。

「(話す相手との)距離感をつかむのが難しいですが、どんな声を出したら良いか考えながらアフレコするのが楽しいです。実際にメリダの動作に合わせ動いてイメージしています」
── メリダと自分の似ているところについて。

「自由奔放でお転婆なところが似ている。メリダは母親だけど、私は父に、控えめでいなさいなど、よく小言を言われます」

── 作品に登場する森の魔法をもし使えたら?

「自分に魔法をかけて永遠に魔法を使えるようにしたい!」

── アフレコに臨む意気込みは?

「メリダはお転婆で男勝りだけど、母親をとても愛していて、前に進みたいという芯の強さを持っている。みんなに愛されるように頑張りますので、是非ご覧ください!」


『カールじいさんの空飛ぶ家』『トイ・ストーリー3』のディズニー・ピクサー最新作『メリダとおそろしの森』は、7月21日より全国で2D・3D同時公開される。
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)DISNEY / PIXAR .All Rights Reserves.
《Newscafeアンケート》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top