Facebookで恋活を「あきらめない!」 | NewsCafe

Facebookで恋活を「あきらめない!」

女優の真矢みきをモノマネする際のフレーズに、「あきらめないで!!」というものがありますが、まさに「その恋、あきらめないで!」な、エピソードをご紹介したいと思います。 今を去ること15年前。大学1年生だったBさん(男性)は、友人の紹介で知り合った他大学のRさ

恋愛 ニュース
女優の真矢みきをモノマネする際のフレーズに、「あきらめないで!!」というものがありますが、まさに「その恋、あきらめないで!」な、エピソードをご紹介したいと思います。

今を去ること15年前。大学1年生だったBさん(男性)は、友人の紹介で知り合った他大学のRさんにひと目ぼれ。明るい人気者の彼女に告白するも、あえなく玉砕。とまあ、ここまではよくある青春の一コマです。

以来Bさんは人並みに恋愛をしてきましたが、「これ!」という人にはなかなか出会わず、33歳のいまも独身。仕事が忙しく毎日が充実はしているのですが「そろそろ結婚しないとな」と考えたときに、ふと「そういえばRちゃんは、いまなにをしてるんだろう?」と思いたちました。

ここで、今話題のFacebookの登場です!

あっさり検索でヒットしたRさんのFacebook。プロフィール写真には好きだったあの頃の面影が残っています。さらには苗字も変わっていないしステータスの欄も独身。どうやら結婚はしてないようだ。この時点で第1関門はクリアです。

その後、日々の仕事ぶりやコメントをつぶさにチェック。さらに、「友達」欄に並ぶ男性たちをひとりひとり見てみても、その中につきあっている人はいなさそう。

「よし!」と意を決して連絡を取ったところ、実に15年ぶりに会うことができました。

Rさんも、彼のことは好印象のまま覚えていたし、久しぶりに会ったらしっかりしたオトナになっているしで、すっかり意気投合。おつき合いが始まり、トントン拍子で来年には結婚することが決まりました。

このように、大学時代に好きだった人や元恋人とFacebookを通じて復縁→結婚に至るケースを、周りで多く耳にするようになりました。ある女性(27歳)は、海外の高校で学んでいたときの外国人の彼と復縁に成功したそうです。

かつてない晩婚化の時代。逆に言えば、結婚してないのはあなただけでなく、昔好きだったあの人もまたしかり、かもしれません。「あきらめないで!」なポイントは、まさにここにあります。

とはいえ、自分のことを振ったばかりの相手があっさり他の人と結婚してしまった事実を知り、ショックで立ち直れなくなったというケースもあります。この場合は、あまり情報を追わずに、うまくあきらめることのほうが重要。

ですからFacebook婚のためには、だいぶ年数が空いている相手、執着のほとぼりも冷めて淡い思い出になっている相手であることが条件です。

いかがですか? あなたの10年前の恋人は、もう結婚してますか? それとも??

[ライター 五百田達成/「恋と仕事のキャリアカフェ」主宰、オトナ女子の恋愛・結婚・仕事の悩み相談を受ける恋愛カウンセラー。TBSバラエティ番組「私の何がイケないの?」にも出演。詳細はオフィシャルブログ(http://ameblo.jp/iota-s/)まで]

[photo by:^@^ina]
《NewsCafeコラム》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top