女性ニュース記事一覧(2 ページ目) | NewsCafe

女性ニュース記事一覧(2 ページ目)

時間がない!  買い物にも行けない!  そんな日に5分で作れる「クイック丼ぶり」2選【1品で大満足! こどもどんぶり Vol.3】 画像
女性 ウーマンエキサイト

時間がない! 買い物にも行けない! そんな日に5分で作れる「クイック丼ぶり」2選【1品で大満足! こどもどんぶり Vol.3】

「時短料理」や「シンプルでおいしい子どもごはん」を提案する料理研究家・田内しょうこさんの連載。 第3回目は覚えておいて損はない「しらす&たまご丼」と「ツナマヨコーン丼」をご紹介します。今回は覚えておいて損はない、スーパーかんたんな丼ぶりレシピを2つご紹介し…

潔く処分して…!「オバ見え40代」ほどポーチにインしている痛リップって? 画像
女性 OTONA SALONE

潔く処分して…!「オバ見え40代」ほどポーチにインしている痛リップって?

口紅は、その日の顔色やメイク全体の雰囲気をも左右するほど、重要な役割を担うコスメのひとつ。ところで世間には、星の数ほどの口紅があるけれど、この口紅の選びかたひとつで「オバ見え」もすれば「若見え」もするのが、私たち40代の傾向でもあります。「いつも適当な口紅をポーチに入れているだけだから、オバ見えしているかちょっと心配!」とお感じになった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回は、残念なことに「オバ見え」してしまう40代女性ほど、ポーチに入れている確率が高い“痛リップ”のお話です。口紅のせいで「うっかりオバ見え」を招く40代のNGリップ1:時間が経つと乾燥し縦ジワが目立つ塗った直後にはみずみずしいツヤやハリが感じられても、時間の経過とともに乾燥するタイプの口紅は、40代を想定外にオバ見えさせるデンジャラスな存在。縦ジワやパサつきを感じさせる口紅は、ひと目で「うるおい不足」に見えることから、実年齢以上に乾いた印象を与え、老けたイメージを加速させがちです。昨今の口紅には、うるおいが持続する優秀なものも多くなっているけれど、プチプラに頼りすぎていたり、今年トレンドのマット感に走りすぎたりしてしまうと、こういった落とし穴にもハマりやすくなるのでご注意を。口紅のせいで「うっかりオバ見え」を招く40代のNGリップ2:会話をしているとヨレてくるメイクを仕上げた直後には、それなりの密着感があったとしても、食事や会話による口もとの動きによってヨレてくる口紅も、オバ見え加速アイテムのひとつ。食事中や会話中の口もとは、なかなか自分ではチェックする機会がないだけに「気づけばオバサン!」を招きやすい盲点でもあるかもしれません。口紅の一部にヨレた唇や、輪郭の外にまで滲んでいるリップメイクは、それだけでだらしない印象を与えると同時に、清潔感に欠けるイメージも与えがち。発色は美しくとも密着度の低いリップを使っている人ほど陥りがちなワナなだけに、テスターを試す際には、塗った箇所をわざと動かすなどしてしっかりチェックを。「やや○○色調」には注意! 次ページ口紅のせいで「うっかりオバ見え」を招く40代のNGリップ3:時間が経つとくすんでくる塗った直後には「いい具合」の発色に感じても、時間の経過とともに“くすんだ質感”が強まる口紅も、私たちを老けて見せる典型リップ。特に、最初から「ややくすんだ色調」で仕上がっている口紅のなかには、最初はよくとも、だんだんとその色が褪せてくる色みもあるので要注意。40代の肌は、ただでさえ夕方になるとそれなりの“くすみ”や疲労感が出やすいのも否めないだけに、ここに“褪せたようなくすみカラー”の唇が加わってしまうと、さらなる生活感やお疲れムードを醸し出してしまいやすいのです。この春夏も、ちょっとくすんだ発色の口紅がトレンドだけに、持続力の弱い発色の口紅を使っていると、気づかぬうちにハマりがちな落とし穴のひとつです。ぱっと見で「いいかも」と選んだ口紅であっても、実際に使ってみたら「ちょっと違った」というのは、比較的よくあるお話。しかし自分では「いい具合」が持続しているつもりで、想定外の“オバ見え”を招いていたら、これほどショックな展開もありません。口紅を新調したときには特に、メイク直後の仕上がりだけでなく、ある程度の時間が経過したあとの状態も、よーくチェックしておくほうが安心です。

40代は「着映え感」が大切!パッと華やかに見える3つのコーデテクって? 画像
女性 OTONA SALONE

40代は「着映え感」が大切!パッと華やかに見える3つのコーデテクって?

気温もグッと上がり、春本番を迎える4月。そろそろ着こなしも本格的に春っぽくしたいけど、なぜかいつも似たような格好になってしまって、イマイチ気分も上がらない……。なんて人も多いはず。今回は、40代の“着映え”について考えてみました。よく聞くワードだけど、着映えってどういう事?そもそもの言葉の意味は「身に着けたときに、衣服がいっそう立派に見えること」。ですが、女性誌などで使われているのはその時々の旬、つまりトレンド感を盛り込んだ華やかなアイテムを投入する事で、着こなしの鮮度を上げるというのがニュアンス的に近いと思います。ファッションのマンネリを解消して、いつもと違う素敵な着こなしをする事で気持ちも上がる、そんなファッションが“着映え”なのではないでしょうか。今回は、着映えしない理由と解決法に注目してみたいと思います。1・シルエットで着映える体型カバーするために、オーバーサイズのゆったりシルエットばかり着ている人、40代によく見かけます。自信のない部分を隠したい気持ちはわかりますが、いつもウエストゴムにゆったりトップスを合わせていると、四角いシルエットで逆に着太りして見えることも。確かに今季はロング丈やレイヤードなどが流行ではありますが、ウエストを強調した着こなしを意識すると、全体がすっきりと見えて−5痩せて見えることも。さらに、ウエスト位置も高く見えるので、脚が長くスタイルアップして見えるのもポイントです。2・色で着映えるいつもモノトーンやカーキ、グレー、ネイビーなど、男性が着るような服ばっかり着ていると、ベーシックで落ち着くかもしれませんが、気持ちが華やぐこともありません。前回の「新パーソナルカラー診断別、40代女性たちの春のマストバイアイテム」記事でも書きましたが、自分に似合う色を知った上で、春らしいカラーアイテムを投入してみるのもおすすめです。例えば、ピンクより甘くなく赤よりインパクトが強くないパープル。大人の女性らしい印象で、ほどよく気持ちも上がるので、春におすすめのカラーの一つです。3・柄で着映える大人になると、特定の柄アイテム=若作り、痛いというイメージがある人も多いのではないでしょうか。華やかでいいなと思っても、確かに小花柄やボタニカル、ドット柄などは、いざ自分が着るとなるとなかなかトライしにくいのが本音です。そんな時は、大人が一番抵抗なく着られるストライプから始めるのがおすすめ。着痩せ効果もあるし、甘さも控えめなので、大人の取り入れやすい柄No.1です。ポイントは、女性らしいディテールのもの×ストライプの組み合わせ。例えば、ボリューム袖のブラウスや、ワンピース、ロングスカートなど。ほどよく女性らしいけど、高感度の高い着映え感が楽しめます。以上、いかがだったでしょうか。40代になると自分に似合うものを知っていて、ファッションにこだわりを持っている人と、服はとりあえず着られればいいや、と二の次になってしまう人に分かれる場合が多いので、最近服を着てときめいてないなぁ……と思っていたら、ぜひ上記の着映えアイテムにチャレンジしてみてください。薄着になり、軽やかで女性らしい着こなしがしやすい春こそおすすめです。

リゾート柄には「白」を合わせると都会的に【40代の毎日コーデ】 画像
女性 OTONA SALONE

リゾート柄には「白」を合わせると都会的に【40代の毎日コーデ】

4月23日のコーデそろそろ夏休みの予定を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな時気になるのは、やっぱりリゾートコーデ。今から夏まで使えるリゾートアイテムと言えば、ロングスカート。こちらのプリーツフラワーロングスカートは白だけで華やかになれる優秀アイテムです。小物は白多めを意識してにリゾート感を都会的に演出して。そしてお友達にも褒められ

白髪隠しのおすすめは? マスカラ・ファンデ・スティックなど「選び方」の基本 画像
女性 OTONA SALONE

白髪隠しのおすすめは? マスカラ・ファンデ・スティックなど「選び方」の基本

出かけようと思ったら白髪を発見しちゃった、という経験はありませんか? ホームカラーで白髪染めをする時間もなければ、美容院へ行っている時間もない。とりあえずしばらくの間、「白髪隠し」をしたい!そんなときにおすすめなのが、白髪を簡単にカバーすることができる「白髪隠し」アイテムです。マスカラ、ファンデーション、スティック、スプレーなどのタイプがあります。私の白髪にはどんなタイプがいいの? 白髪隠しのタイプのご紹介と、白髪の部分別に白髪隠しの選び方をご紹介します。そもそも「白髪隠し」って?白髪隠しとは、一時的に白髪の表面に着色することで目立たなくさせるものです。色持ちするのは1日から数日と、比較的短いものです。大半が髪を洗うと落ちるタイプですが、最近では継続的に使うことで少しずつ着色するタイプもあります。白髪染めは、薬剤を使ってしっかり内側から染めるもので、色持ちはずっと長いものです。生え際や分け目、つむじ付近や、チラホラ見える白髪を隠すのに便利です。白髪隠し「4つのタイプ」と特徴白髪隠しは大きく分類すると、だいたいこの4つのタイプがあります。どの部分の白髪を隠したいのかによって、それに合った白髪隠しを使うのがベストです。1.マスカラタイプの白髪隠しいわゆる、まつ毛用マスカラのような形状の白髪隠しです。チラホラ白髪があるかたにおすすめです。マスカラのブラシが1本1本の白髪に絡みながら液をつけていくので、ピンポイントで隠したい部分に適しています。広範囲の白髪の場合は、塗る時間がかかるので向いていないかもしれません。2. スティックタイプの白髪隠し容器の先にブラシや筆、コームがついている形状のもの、リップクリームのような形状があります。分け目や生え際など、部分的に白髪があるかたにおすすめです。部分的な白髪隠しには向いていますが、髪全体を広範囲でカバーするにはコスパも悪く、ムラになってしまいがちです。3.ファンデーション(コンシーラー)タイプの白髪隠し顔に塗るファンデ―ションのような形状で、スポンジやパフにつけて塗る白髪隠しです。比較的広範囲の白髪におすすめです。地肌にも伸ばしてつけると、薄毛隠しにも効果的です。全体は塗りやすいのですが、チョロッと目立つ1本の白髪のピンポイントには塗りにくいかもしれません。4.スプレータイプの白髪隠し全体的に白髪が目立つ場合におすすめなのがスプレータイプです。髪にシューッと吹きつけるので、比較的短い時間で髪全体の白髪隠しが可能です。ただし、服や周囲を汚す恐れがあるので、ケープやタオルをつけたり、汚れても大丈夫な場所で使うようにしましょう。また、こめかみや生え際などスプレーが行き届かない細かな部分は、マスカラやスティックなどと併用したほうがいいでしょう。【続いて】私の白髪にはどの「白髪隠しタイプ」がいいの? おすすめの選び方を教えます!【次ページ】部分&量ごとにオススメ!「白髪隠しタイプの選び方」■生えぎわや分け目、アップヘア時の白髪には「マスカラ」顔周りの生えぎわの白髪には、先端が棒状の細いブラシになっているマスカラタイプや、先端が筆状になっているスティックタイプが使いやすいです。ピンポイントを狙って塗りやすく、少量の白髪を隠しやすいからです。髪をアップにしたときに見えてきた白髪にも使いやすいです。■分け目やトップの白髪には「スティック」分け目の部分や、トップ(頭頂部)の白髪なら、塗る部分がブラシ筆、コームになったスティックタイプがおすすめです。キャップをとって直接白髪をねらってカバーできるので、細かく塗るのが苦手な人、白髪が少なめの人からやや多めの人まで使えます。■トップや広範囲の白髪 薄毛隠しには「ファンデ―ション」トップや広範囲の白髪には、ファンデーションタイプが使いやすいでしょう。ファンデーションタイプは、白髪隠しと同時に地肌の薄さを目立たなくします。■全体的な白髪 薄毛隠しには「スプレー」スプレータイプは表面だけでなく内側の白髪も髪を持ち上げ吹きかけられるので、全体的な白髪隠しにおすすめです。白髪隠し 薄毛隠し対策になります。白髪隠しの「メリット」5つ1.髪や頭皮に優しい髪の表面に着色するものが「白髪隠し」です。白髪染めのようにキューティクルを開いて染料を浸透させるものではないので、髪や頭皮にダメージを与えにくいという利点があります。白髪染めをしている人も、白髪隠しを取り入れることで白髪染めの頻度を減らすことができ、髪や頭皮へのダメージを軽減することにもつながります。2.ピンポイントで白髪を隠せる気になった部分の白髪をピンポイントで隠すことができるのも大きなメリットのひとつです。伸びてきた根元部分、髪をかき上げた内側部分、つむじ部分など、目立つところを集中的にカバーすることができます。3.手軽にできて時短にもなる白髪染めのようにカラー剤を用意するなどの準備が必要なく、お出かけ前のちょっとした時間でさっと塗れるので時間も取りません。手が汚れる心配もないので、外出先での手直しも簡単にできます。4.失敗しても安心色味がちょっと合わないなどの失敗があっても、洗い流せばすぐに元に戻すことができます。その後の白髪染めにも影響がありません。5.コンパクトで持ち歩ける特にマスカラ、スティック、ファンデ―ションタイプは、コンパクトなデザインで手軽に持ち歩くことができます。デザインもオシャレなものが多いので、ポーチに入れたりしていても恥ずかしくありません。白髪隠しの「デメリット」3つ1.雨や汗に弱いシャワーで簡単に落とせる反面、雨や汗で色落ちする可能性もあり、服が汚れたり顔や首筋に色が落ちてくることも考えられます。運動をするなど汗をかく予定があったり雨予報の日は、白髪隠しはなるべくつけていかない方が賢明かもしれません。2 .染まっている期間は短め長期的に着色が持続する白髪染めに比べ、1日から数日の効果しか期待できません。毎日、白髪隠しでカバーをするのが面倒な人や白髪の量が多い人は、白髪染めである程度カバーをし、その後のメンテナンスとして白髪隠しを併用するのがおすすめです。3. 白髪染めにくらべると色づかない白髪隠しは、あくまで髪の表面を一時的に着色して白髪を隠すもの。しっかりと染めたいというのであれば白髪染めをしたほうがよいでしょう。白髪隠しの中にも使うたびに徐々に染まっていくタイプもありますが、白髪染めにくらべるとやさしい色づきかたです。使用時に「気を付けたほうがいい」こと1.乾いた髪に使いましょう白髪隠しは雨や汗でも落ちてしまうものなので、濡れたり半乾きの髪にはしっかり着色しません。着色効果を出すためには、乾いた髪に使うようにしましょう。2. スタイリングやアレンジをしてから使用髪をアップにしたら隠した以外の白髪が目立ってしまったり……。スタイリングやヘアアレンジをしてから白髪隠しを使いましょう。また、スタイリング剤によっては色落ちする可能性があります。しっかりとスタイリングやアレンジを済ませた後に、気になる部分に白髪隠しを使うという順番がおすすめです。

もったいない…!「髪が汚いオバサン」と思われる40代に足りないヘアケアって? 画像
女性 OTONA SALONE

もったいない…!「髪が汚いオバサン」と思われる40代に足りないヘアケアって?

40代ともなれば、若いころと比較してパサつきやうねり、白髪などに頭を抱える女性も増えてくる年代。白髪などは同世代であれば、もはや「お互いさま」でもありますが、とは言っても、お手入れ不足の髪には厳しい目を向ける人が多いのも実情です。メイク直し用のコスメには気を配っていても、ヘアケア製品には無頓着……となってしまえば、顔の“フレーム”が残念なことにも。「そういえば、出先でのヘアコスメって、持ち歩いてないかも」にお心当たりがあった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回は「あの人、髪が残念」と言われる40代女性ほど外出先に持ち歩いていないヘアケアグッズのお話です。面倒だから持ち歩かない…でウッカリおばさん!? 髪が残念な人ほど持ち歩かないヘアケアグッズ1:ブラシoクシ「出先では、ほとんど髪を梳かすことなんてないから」と、ブラシやクシなど髪をとかすアイテムを持ち歩かない女性ほど、いざというときに残念な髪に直面してしまっている実態も。毎日決まってお直しで使うわけではないかもしれないけれど、突発的な強風にさらされたあとや、予想外の汗などで髪にボリュームが失われてきたときなどに、髪をとかすものを持ち歩いているのといないのでは、お直しの完成度が変わります。「今日のお昼過ぎの突風、すごかったねぇ」などと言いつつ、髪の毛がパサパサのボサボサのままでは、想定外のオバサン感を醸し出してしかり。大きなブラシ類を持ち歩くのは面倒でも、最近では折りたたみ式の小さなブラシ類も多く揃っているので、いざというときに備えて、ひとつは忍ばせておいて損はありません。面倒だから持ち歩かない…でウッカリおばさん!? 髪が残念な人ほど持ち歩かないヘアケアグッズ2:ヘアワックス40代の髪は気まぐれな傾向も強く、その日の気候や天候によっても、スタイリングの持ち具合が異なることもしばしばです。そんなとき、ちょっと水で濡らした手もとでスタイリング直後のような仕上がりが取り戻せればベストではありますが、40代の髪は“うねり”や乾燥も深刻化しがちなだけに、一度崩れたスタイリングは、そう簡単に戻らないのも常。そんなとき、ヘアワックスが手もとにあるのとないのでは、お直しの完成度に差が生じるのも実態です。極端な話、ワックスが手もとにあれば、あまりにも言うことをきかない髪を思い切ってスタイルチェンジしてしまうのも可能ですが、コレが手もとにないとなると、崩れたスタイリングのまま、なんとかごまかしながらその場を凌がざるをえないことにも。パサつきやうねりが一度出た髪は、生活感や疲れた様相を醸し出しがちなだけに、思っている以上のオバ見えを招く引き金にもなりがちです。乾燥したときは、○○を持ち歩いて! 次ページ面倒だから持ち歩かない…でウッカリおばさん!? 髪が残念な人ほど持ち歩かないヘアケアグッズ3:ヘアオイル40代が抱く髪のお悩みでワーストの常連でもあるのが「乾燥」。その日の湿度や天気によっても、乾燥具合は異なってくるため「朝のスタイリングではキレイだったのに」なんて思いつつも、時間の経過とともにパサついてきた自分の髪を恨めしく見つめた経験のある人も多いはずです。そんなとき、ヘアオイルが手もとにあれば瞬時にうるおいとツヤ感を加える術にもなるけれど、コレが手もとにないとなると、ひたすらガサガサの髪を人目にさらす羽目にも。部分的であれ全体的であれ、うるおいに欠けパサついたように見える髪は、それだけで老けた印象を強める要素にもなるため、不必要なオバ見えを引き寄せているリスクも高まります。「あの人、顔はキレイなのに、髪が残念すぎる」なんて印象は、できるだけ避けたいのが、私たち40代女性のホンネでもあるのではないでしょうか。すでに、お気に入りの出先用ヘアケアグッズが定まっているかたには無縁なお話だったかもしれませんが「ヘアケアグッズを持ち歩くのは重い」を理由に、朝のスタイリングのまま通している場合には、この機会にぜひ見直しておきたいテーマでもあります。若いころには、朝のスタイリングがキープできていたとしても、加齢によってそうもいかなくなることもあるのが実態。それだけに、お直し用のポーチにはメイク用のコスメだけでなく、ヘアケアグッズも常にアップデートを心得て損はありません。

「他人事」は「たにんごと」じゃない!意外とみんなが読み間違えている読み方20選【今週の人気記事】 画像
女性 OTONA SALONE

「他人事」は「たにんごと」じゃない!意外とみんなが読み間違えている読み方20選【今週の人気記事】

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、日本語の誤用記事を始め、ヘアやファッションも人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(4月15日~4月21日)1位・意外とみんなが読み間違えてる読み方20選オトナサローネで人気の読み間違い記事。今回は一気に20選ご紹介していきます!みんなが知っているような単語の中から、誤読の多いものを選んでみました。是非参考にしてみてください!>>>「他人事」は「たにんごと」じゃない!意外とみんなが読み間違えてる読み方20選2位・大人ヘアは前髪が重要なんです!40代からの前髪カタログ前髪が決まらないと1日憂鬱なんてことも多いですよね。やはり前髪は女性にとって、命と言っていいほどの存在ではないでしょうか!40代になると、前髪を作るか・作らないかで悩むと思いますが、どちらも大人ヘアにぴったりのメリットあるんです。前髪なし&ありのスタイルをご紹介していきます!>>>大人ヘアは前髪が重要!40代からの前髪カタログ5選3位・注目!フォーマルもカジュアルもいける「万能ワンピ」はコレ春夏にぴったりのワンピースコーディネートです。一見フォーマル一辺倒のコーディネートしかできなそうなアイテムに見えますが、実は万能選手。ヒールを合わせればフォーマルなパーティー用ドレスとしても使えますし、スニーカーやリュックを合わせればカジュアルライクな旬スタイルに大変身。意外と着回しが効くので、使い勝手も抜群。>>>フォーマルもカジュアルもいける「万能ワンピ」はこれ!【40代の毎日コーデ】4位・お菓子以外の「センスいい手土産」おすすめ6選好きな食べ物や飲み物を持ち寄って楽しむギャザリングや女子会などに呼ばれたら、ちょっと気のきいた一品を持っていきたいところ。今回は、お酒を飲まないゲストやがっつり食べたいときの、ごはん系・揚げ物系の手土産を6選ご紹介していきます!>>>お菓子以外!「センスいい手土産」おすすめ6選【オトナの手土産#10】5位・トレンドのワイドパンツを「スリムに着こなす」コツを伝授!トレンドのワイドパンツをスリムに着こなすのって結構難しい。でも、上半身をスリムめのトップスにすると簡単にスタイルアップします。この方は、スリムめのライダースジャケットを羽織って、ワイドパンツの細見せスタイルを完成させています。足元はパステルカラーのヒールで抜け感を出して。足の甲を見せることで、だぼっと見えがちな下半身をきゅっと引き締めてくれます。>>>春のワイドパンツをスリムに着こなすコツは、上半身にあり!【40代の毎日コーデ】いかがでしたか?気になるものがあったら、是非チェックしてみてくださいね!

オールブラウンは、パステルカラーを足元に取り入れて春夏らしく【40代の毎日コーデ】 画像
女性 OTONA SALONE

オールブラウンは、パステルカラーを足元に取り入れて春夏らしく【40代の毎日コーデ】

4月22日のコーデついつい着たくなってしまうブラウンアイテム。気づくとクローゼット中ベージュとブラウンだらけと言う方も多いのではないでしょうか。ダークカラーは春には合わない、と着るのをためらっている方がいたらぜひご覧ご覧ください。足元のパンプスを明るめにするだけでだいぶ春夏らしく印象が変わってきます。今日は暖かくて車の中では暑いくらいです︎

ひと手間で一気に脱オバ髪!40代のヘアアレンジ7選 画像
女性 OTONA SALONE

ひと手間で一気に脱オバ髪!40代のヘアアレンジ7選

忙しい朝、ヘアアレンジをするとしても1本結びが限界という方も多いのではないでしょうか?しかし普通の1本結びをすると、何かと40代の髪悩みが出てしまい生活感が出てしまう事も……。そんな時、オススメの「ひと手間」でカンタンにできるヘアアレンジを7選ご紹介していきます!リフトアップ効果絶大のハーフアップまず最初にご紹介するのは、たるんだ顔をキュっと引き上げるハーフアップ。こちらはゴムを使わず、ミニクリップでまとめるのがポイント。というのも、ゴム結びは時間が経つと髪の間に空気が含まれ、少しずつ髪が下に下がってしまうから。クリップでも崩れはあるのですが、手直しがゴムに比べてカンタン。しかもゴムよりもタイトに髪をまとめることができます!ボリュームアップと小顔になれるフェミニン巻き髪が細くなってきたり、ボリュームが足りないという女性の場合は、片寄せした巻き髪がオススメ。あご下にカールがしっかりつくように巻いた後、後頭部の根元から巻き髪をするのが最大のポイント。ここを巻くことで、トップのペシャンコが解消されるだけでなく、顔を小さく見せる効果も得られます!横顔美人に見せる縦長シニヨンシニヨンがオバさん臭くなる要因は、後頭部がペタンコになり、横顔の輪郭のたるみが強調されてしまうから。たるみ顔をカバーするためにも、後頭部の膨らみはとっても大切!さらにシニヨンを縦長に仕上げると、目線が上になる影響で、顔のたるみをカバーすることができます。ゴージャス感も出せるので、ちょっとしたお呼ばれにも通用するレディなシニヨンです。面長顔をカバーする耳掛けショート最後に紹介するのはショートのスタイリングアレンジ。顔の大きさを気にするためか、もみあげの毛束を残す人が多いですよね。これが間違い。アラフォーの下垂した頰は、面長顔を強調させがちなので、耳を見せた方が若々しい印象を与えます!バランスを取るため、トップの根元はしっかり立ち上げるのも忘れずに。スプレーを使い、根元にシュっとするだけでフワっと仕上がります。>>チェック!→ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選後から巻きでペタ毛でもふんわり!髪がやせてきてボリューム不足を感じはじめる40代。ひとつに結ぶと寂しい印象になるという人におすすめなのが、結んだあとにアイロンで巻く方法。結ぶ前にも全体をアイロンで巻いておき、動きをつけます。まとめ髪をする場合はキレイに巻こうとしなくて大丈夫です。ワックスをくしゃくしゃっともみ込んだら手ぐしでざっくりと髪をひとつにまとめてゴムで結びます。仕上げに顔周りや結んだ毛束に巻きをたします。特に顔周りの髪がペタンとしていると地味な印象になるので、毛先が外へ向くように巻きましょう。サイドの髪を巻きつけゴム隠し普通のゴムでくくるだけでは見た目がイマイチ。ヘアアクセをつけるのは気恥ずかしい、派手になりすぎるのは避けたいという人におすすめなのが、ゴム隠しテク。結んだ毛束から少量取りだして巻きつける方法もありますが、サイドの髪を使ってゴムを隠すのもおしゃれ。無造作な中にもサイドがスッキリとするのでだらしない印象が払拭できます。片サイドの髪(もみあげの上、耳前くらい)を残し、後ろで結んだあとにゴムを隠すように巻きつけて留めます。毛先はゴムの中に入れてしまうか、ピンで留めてください。プチ三つ編みをプラスして大人可愛く前髪が長い、伸ばし途中という人におすすめなのが、小さな三つ編みでまとめる方法。前髪が長いとサイドに流してタイトにまとめがちですが、そうすると地味だったり、キツイ印象を与えてしまうので、三つ編みでやわらかさをプラスしてあげましょう。編み込みよりもさり気ないし、簡単なので取り入れやすいと思います。編み目は崩さずに、少しゆるく編む程度にしておくと若作りに見えません。また、トップの高さをしっかり出すことで上品な大人女性を演出できます。>>チェック!→明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テクいかがでしたか?これならチャレンジできそう!と思ったアレンジがあれば、是非やってみてくださいね!

人気インスタグラマーのお宅拝見!「オトナの自由なひとり暮らし」のインテリアって? 画像
女性 OTONA SALONE

人気インスタグラマーのお宅拝見!「オトナの自由なひとり暮らし」のインテリアって?

自分の住まいは私らしく、心地よい空間でありたいものです。おしゃれで快適なひとり暮らしを送っている人気インスタグラマー2人に、インテリアのこだわりやひとり暮らしのコツを教えてもらいました。2人目は絵になるインテリアが素敵なjun__tikiさんです。大人女子ならではのセンスのいいインテリアのこだわりは必見です。好きなものだけに囲まれた、くつろげる空間をめざしていますjun__tikiさん(インスタグラムID:@jun__tiki)ひとり暮らし歴25年:賃貸マンション大人の自由気ままなひとり暮らし。自分だけなので、いかに使いやすく、快適に部屋で過ごせるかを常に考えています。ミニマリストにはなれず、好きなものだけに囲まれて快適空間をつくりたいから、ものは決して少なくはありません。そのかわり、入らなくなるほど増えたらそのつど処分するようにしています。インテリアは季節感を大切にして楽しんでいます日々の暮らしを楽しみたいので、インテリアは季節感を大事にしています。花や植物はもちろん、オブジェやアートポスターも、季節に合ったものを選んでシーズンごとにとり替えています。ハロウィン、クリスマス、お正月など、イベントのデコレーションもルーティンのひとつ。あれこれバランスを考えたり、お気に入りを増やして家じゅうを飾りつけるのがとても楽しいです。カラーは白、黒、グレーの大好きなモノトーンをセレクト。家具はもちろん、デコレーションやキッチングッズ、掃除道具も、北欧テイストでモノトーンに絞って選ぶようにしています。ケーラーは飽きのこないデザインが魅力ですデコレーションで愛用しているのが、デンマークのインテリアブランド、ケーラー。多様な使い道があり、部屋の各所でとり入れています。花瓶やディスプレイに使っているオマジオ、家型のキャンドルホルダー・アーバニア、キャンドルを挿さなくてもかわいいアヴェントなど、さまざまなシリーズを収集中です。ファイルボックス収納で、扉を開けてもすっきり使用頻度が高いものはワンアクションで出し入れできる収納に、頻度が低いものはふたつきのケースに入れています。使いたいところからいちばん便利なところに収納場所を確保し、おさめるもののサイズ、スペースに合うケースをセレクト。ダイニングのキャビネットは、無印良品のファイルボックスなどで整理。ファイルボックス収納は扉を開けたときにすっきり見えるのが好きです。ゴミ箱は小さなもの3つに厳選しました最近はおしゃれなものもありますが、ゴミ箱はやはりゴミを入れるものでインテリアにはなりません。できる限り置きたくないので、洗面台下の扉の中と、ドレッサーの上、キッチンシンク下の引き出し内のみです。ドレッサー上のゴミ箱には、H.Skjalm Pのスチールプランターを使っています。ほかにも、魅力的なひとり暮らしの様子がたくさん!合計21人のインスタグラマー&ブロガーが、自分の好みや生活スタイルに合わせて作り上げてきた、ひとり暮らしのコツが満載です。ひとり暮らしの時間とお金の使い方 1300円+税/主婦の友社取材・文 佐藤望美

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
169ページ中2ページ目
page top