【ポエム】優しい悪魔 | NewsCafe

【ポエム】優しい悪魔

道に迷ってたどり着いたのは悪魔の町だった。

社会 ニュース
道に迷ってたどり着いたのは悪魔の町だった。

見渡す限りの悪魔たちは、
頭からイガイガの矢印つけて、
青ざめた顔をして、
片手には槍を持った、
何度も絵で見たことのある、悪魔その物だった。

私は恐怖に怯えたが、
「やいやい!」と槍を見せつけるだけで、
「やいやい!」と言いながらご飯をくれ、
「やいやい!」と言って水をくれた。
帰り道がわからないと訴えると、
「そんなの知らねぇよ!」と言って、
手から石ころをコロンと転がした。
石ころには矢印が書かれていて、
悪魔は「あっち」と言わんばかりの目配せをした。
その方向に歩いて行くと、
また悪魔が現れて、
「やいやい!」と槍を振り回し、
コロンと石を転がした。

少し歩くとコロン、
また少し歩くとコロン。

何人の悪魔が石を転がしてくれただろうか。

そうしてやっと町の出口に差し掛かった時、
最後に振り向いて町を見ると、
たくさんの悪魔たちが、
心配そうにこちらを見ていた。

私が深々と頭を下げると、
悪魔たちは「プイッ」と一斉に立ち去った。
[執筆者:むろはな江]
《NewsCafeコラム》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top