SMAP騒動でJr.退所続々のワケ | NewsCafe

SMAP騒動でJr.退所続々のワケ

芸能 ニュース

今年1月、クマのぬいぐるみを抱えたほのぼのキャラで人気者だったジャニーズジュニア、田島将吾(17)がひっそりと事務所を退所していたことが発覚。ファンを動揺させたが、「その後もジャニーズジュニアが続々と退所しています」とはジャニーズウオッチャー。
まず田島は、退所後早々に、未来型ダンスボーカルユニット「G-EYE」を結成。ぬいぐるみだっこなどではなく、黒いマント姿で、雰囲気をがらりと変えて新活動を開始している。
「G-EYEでは田島がタジーのネームで中心になっていますが、今月はヴァサのネームで、やはり元ジュニアのヴァサイエカ゜光(16)も加入。今月下旬に予定していたグループ初のイベントは早々にチケットが完売する人気ぶりです」
ほぉ、ジャニーズを辞めても大人気とはすごい。
「メンバーは固定することなく追加していくというコンセプトなので、もしかしたらある日突然、元ジュニアが誰かメンバー入りしているのではないかとの妄想が拡がっています」
新手の営業にも思えるが、さて、ほかにはどんな子が退所?
「玉元風海人=ふみと=(16)と森田真弥(14)ですね。今月に入ってから公式サイトから名前がなくなっていたので退所説が浮上していましたが、すぐさまツイッターを開設しています」
個人でツイッターを始めるということは退所が確定したわけだ。
「はい。玉元はツイッター開設翌日には、ジュニア時代から仲良しだった森田との2ショット写真を公開。2人そろっての退所が確定しました」
どちらかと言えば玉元の方はジュニアの中でも人気者だったたけに、退所確定にガッカリするファンも多いだろう。
で、ジャニーズを辞めて何をするの?
「2人の共同アカウントで、もう1人のメンバーを加えたダンストリオの結成を示唆しています」
ジュニアのメンバーがひっそり辞めていくことは珍しいことではないが、それにしても今年に入って何人も潔く辞めているのはなぜだろう。
「SMAPの空中分解騒動で、あれほどの人気グループが泥沼に陥ったことで、ましてやデビューできないまま飼い殺しにされたり、不本意なグループでの活動を強いられるよりは、とっとと辞めて自分たちが本当にやりたいことをやろうという流れでしょう。契約更新しないジュニアは今後も増えると思います」(先のウオッチャー)
ジャニー喜多川社長(84)の演出はいつまでも昭和、と古臭さを指摘する声は根強い。辞めたメンバーが「現役タレントとの共演不可」などの制約を受けずにネットを中心に自由に活躍できる世の中になったということか。
《NewsCafe》
page top