ウーマン村本大輔、ゲス論争に参戦の意図 | NewsCafe

ウーマン村本大輔、ゲス論争に参戦の意図

芸能 ニュース

先日放送されたラジオ番組「村本大輔のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、ウーマンラッシュアワーの村本大輔(35)が、人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」川谷絵音=えのん=(27)の妻への擁護の声を疑問視した発言をして話題になっている。
「番組では、村本がタレント、ベッキー(31)と川谷の不倫騒動について『一番かわいそうなのは奥さんだろ』といった大多数の意見に疑問を感じると言ったんです」(スポーツ紙デスク)
具体的にはどんなことを言った?
「村本は大バッシングを覚悟で、『LINEを暴露するようなやつをかわいそうやとは言いたくないね』と批判しました。週刊文春にLINEのやり取りが写真付きで掲載されましたが、村本はその画像を入手できるのは、川谷の奥さん以外考えられないと断定したうえでの発言です」
そんな発言して大丈夫なの?
「村本の場合は何を言っても大炎上するのが当たり前なので、最近はそれほど大きなニュースとして取り上げられることはありません。だから、今回のラジオでも『奥さんは日本中に知れ渡るぐらい旦那に恥かかせてるでしょ。嫁として一番やったらダメ』『自分の復讐したい気持ちが強いということでしょ』といつも以上に発言がエスカレートしました」
そうなんだ?
「ただ、この考察には賛同者も出てきて、『なるほど、村本の言い分もわかる』『夫婦の関係を何も知らない他人が、ここまでベッキーを叩くのも異常』と理解を示すネット民も少数ですが出てきています」
今回も覚悟して嫌われ役を引き受けた村本だけど、その真意は?
「村本はネットでの他人に対する批判について、自分だけ安全なところにいてライフルをバンバン撃つような卑劣な行為だと思っています。だから、わざと過激発言してネット民を怒らせ、その怒りの虚しさに気づいてもらいたい、ということでしょう」
その指摘も一理ある…。
「それに加えて、村本は本当はベッキーが好きだったんじゃないんですか。村本は以前ベッキーと友人関係で、熱愛のウワサが立ったことがありますから」(先のデスク)
村本の過激発言の裏に、こんな真意が隠されていた?!
《NewsCafe》
page top