キスマイ、帝国の次の火種 | NewsCafe

キスマイ、帝国の次の火種

芸能 ニュース

ジャニーズ・Kis-My-Ft2のウワサが聞こえてきた。
「SMAPの空中分解騒動の余波か、ラジオ番組『キスマイRadio』(文化放送)でのメンバー発言が物議の元になっています」とはジャニーズウオッチャー。
SMAPの空中分解騒動はとりあえず表向きは沈静化したが、Kis-My-Ft2は、事務所を辞めたSMAPのチーフマネージャー・I女史(58)の担当だった。
そして、SMAPのリーダー・中居正広(43)が、横尾渉(29)、宮田俊哉(27)、二階堂高嗣(25)、千賀健永(24)の「後ろの4人」を派生ユニット「舞祭組(ぶさいく)」としてプロデュースし、人気が急上昇した。
発言って…やはり、騒動の影響があったのか?
「直接、騒動に言及しませんでしたが、明らかに異変を感じた人が多かったということです。2月3日の放送で、『前の3人』の北山宏光(30)、藤ケ谷太輔(28)、玉森裕太(25)を含めたメンバー全員がそろって出演したんですが、7人全員が出演するのは約3年ぶりでした」
個々の活動が増えたことで、ラジオ番組はグループ名が冠されてはいるものの、常に毎回、全員がそろうわけでなかったから、今のムードをかき消すため、団結力をアピールした!?
「いえ、むしろその逆。北山は全員で出演と聞き、驚きと共に番組終了を想像した様子。今の状態について千賀は『おヒマでございます』と言い放ち、二階堂が『去年より仕事減った?』と疑問を投げかけると宮田が『減った!』と即答。リスナーの誰もが騒動の影響を思い浮かべました」
I女史が去り、グループの今後が懸念されていただけに、メンバー自らが何気に状況説明をしたとのは興味深い。
「宮田が一番正直だったかもしれません。千賀が『(ヒマで)寂しい』と言うと、宮田は同感しつつ『すげーヒマ。マジで最近、仕事ねえっと思った』『キスマイってこんな引きこもってるグループだったっけ!?』などと不満炸裂。ネットではすぐさま『I女史担当だったから干され始めてるの!?』 とウワサになりました」
そ、それは切なすぎる…。
「千賀が『何でもやります。そういう環境を与えてくれるなら』とコメントしたあたり、干され説が確信に変わりましたね」
天下のジャニーズ事務所は今回ばかりはSMAPの空中分解騒動でブラック企業のレッテルを貼られつつある。そんな中で振り回されているタレントが上げた悲鳴か。
「舞祭組恒例の『仕事がない』ネタがネタでなくなってはシャレになりません。もう1つ目下の心配ネタが藤ケ谷問題ですね」
藤ケ谷は昨年、女優の瀧本美織(24)との熱愛が暴露された。
「公式ブログでは今年の正月はジャニーズ仲間とアメリカ旅行に出かけたと報告していたのに、ラジオでは『家にいた』と矛盾したコメント。あらぬ想像が拡散しています」(先のウオッチャー)
キスマイは今年、デビュー5周年。くれぐれもメンバー私事が原因での解散だけは勘弁してもらいたい。
《NewsCafe》
page top