【ウラ芸能】ジャニーズ事務所、潰れても生き残れる男 | NewsCafe

【ウラ芸能】ジャニーズ事務所、潰れても生き残れる男

芸能 ニュース

デスク「ジャニーズ・NEWSの加藤シゲアキ(28)原作で1月9日から公開された映画『ピンクとグレー』は大ヒット中だね」

記者「観客動員数は30万人を突破し、興行収入は5億円に迫る勢いです。満席が続き、公開4週目で全国178館の拡大公開も決まりました」

デスク「主演がHey!Say!JUMPの中島裕翔(22)。加藤と中島が出席した24日の『大ヒット御礼舞台挨拶』でのトークも面白かったな」

記者「中島は『24日までに大ヒットしなかったらどうしようと思った』と、イベントがすでに予定されていたことをポロリとバラしちゃいました」

デスク「会場や出演者のスケジュール調整があるから、映画は初日挨拶とヒット御礼イベントはセットで押さえてるもんなんだけどね」

記者「と、行定勲監督(47)がフォローしてました(笑)」

デスク「中島は映画でベッドシーンも演じてたけど、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の銀行員役といい、シリアスもコミカルも硬軟自在のいい役者だ」

記者「今年正月の時代劇『信長燃ゆ』(テレビ東京系)でもいいたたずまいでしたし、1月クールの主演ドラマ『刑事バレリーノ』(日本テレビ系)でもいい味を出してます」

デスク「『刑事バレリーノ』は堤幸彦監督(69)の演出だから面白いに決まってるけど、加藤の方も1月クールでは彼の小説が原作の『傘をもたない蟻たちは』(フジテレビ系)がドラマ化されて本人も出演していた。こっちも面白かったわ」

記者「原作は加藤の初の短編小説集ですが、処女作の『ピンクとグレー』と同じく評判がいいですね」

デスク「すごい才能だね。ジャニーズ事務所はSMAPの空中分解騒動で散々だけど、加藤も中島も事務所を辞めても立派に喰っていけるぞ」

記者「勝手に独立させないでください(笑)」
《NewsCafeゲイノウ》
page top