江角マキコ、レギュラー完全消滅のワケ | NewsCafe

江角マキコ、レギュラー完全消滅のワケ

芸能 ニュース

女優、江角マキコ(49)がついにお茶の間から消滅することになった。
昨年、レギュラーを務めていた情報番組「バイキング」(フジテレビ系)と「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)をクビになった後、最後のレギュラー番組「私の何がイケないの?」(TBS系)も3月末の終了が決定した。
「やはり一昨年夏、元プロ野球選手のタレント、長嶋一茂(50)宅への落書き騒動発覚がすべての元凶だった」と言うのは女性誌記者。
あの事件は、江角と一茂の子どもが同じ学校に通い、ママ友トラブルの末に江角が元マネージャーに『バカ息子』と長嶋邸の壁に落書きを指示した、と週刊文春で報じられて騒動になった。
「江角は『マネージャーが勝手にやった』と釈明しましたが、芸能関係者はそんな嘘を誰も信じていません。マネージャーは非常に温厚な性格だったし、長嶋に恨みを持つ理由もなかったからです」
正義感の強い主人公、坪井千夏を演じたドラマ「ショムニ」(フジテレビ系)でのイメージが強かったぶん、視聴者がトカゲのしっぽを切るような言い訳をした江角を拒絶したってこと?
「その通りです。何の罪もないマネージャーのせいにしたことで、これまで築いてきた『女が憧れるカッコイイ女』というイメージが完全に崩れました。むしろ『マネージャーがやったなら私の責任。罰は進んで受けます』と謝罪して出演を自粛していたら、まだ芸能人としての寿命は大幅に伸びたはずです」
要するに、自分だけ助かろうとしたずるさを見抜かれてしまった、と。
「そう。しかも江角は2014年3月に個人事務所を設立し、大手事務所『研音』から独立しました。しかし、その数カ月後に落書き騒動が発覚したのも最悪のタイミングだった」
なぜタイミングが悪かった?
「研音なら雑誌やスポーツ紙などに根回しして、絶対に悪口を書かせなかったはずです。しかし、個人事務所なら誰も守ってくれないので書かれ放題です。これからも自分は女性ファンから慕われ、売れ続けるはずだと安心し、強引に独立したのが裏目に出た」(先の記者)
江角や不倫騒動の渦中にあるタレント、ベッキー(31)を見ていると、今日売れていても明日は失業するほどタレントの地位の危うさがわかる。
《NewsCafe》
page top