【ウラ芸能】とにかく明るい安村、なぜウケた? | NewsCafe

【ウラ芸能】とにかく明るい安村、なぜウケた?

デスク「ことしの芸能界は全体に不作だったけど、その象徴はピン芸人のとにかく明るい安村(33)だな」 記者「ほぉ~、裸ゲイ、いや芸人でガチムチっぽいのはデスクの好みかと思ってましたが…」 デスク「バッキャローッ! オイラの趣味とちゃうわ」 記者「とはい

芸能 ニュース
デスク「ことしの芸能界は全体に不作だったけど、その象徴はピン芸人のとにかく明るい安村(33)だな」

記者「ほぉ~、裸ゲイ、いや芸人でガチムチっぽいのはデスクの好みかと思ってましたが…」

デスク「バッキャローッ! オイラの趣味とちゃうわ」

記者「とはいえ、安村は『安心してください、はいてますよ』のブレークで流行語大賞トップ10の一つにも選ばれたじゃないですか」

デスク「そのうえ、ヤローは調子に乗りやがって、京都・清水寺が世相を表す『今年の漢字』に"安"の字を選んだから、『今年の漢字は『安』に決まりました!安心の安!安村の安!』ってツィートしたって…」

記者「そりゃ、芸人としては調子に乗るのは当然じゃないですか」

デスク「これまでも、小島よしお(35)やたむらけんじ(42)とか裸芸人は数多いけど、小島の『そんなの関係ねー』に比べると、安村のはマイルドだし、インパクトに欠けるよ。年末まで話題になったっていうのは予想外だった」

記者「安村は今年1月の給料がわずか4万円。それが半年で50万円を超え、今は100万に達しているでしょう。薄給のよしもとでも今年の出世頭と言えます」

デスク「不遇時代もあったってな」

記者「北海道・旭川実業高の野球部で甲子園に行ったものの、試合には伝令で出ただけ。高卒後、お笑い芸人目指して上京。コンビとしてデビューしたものの14年もまったく芽が出なかった。妻子もいるのに大変だったと思いますよ」

デスク「ピンに転じて裸になった途端の大ブレークって、運もよかったんだろうな」

記者「小島の芸が、世の中へのアンチテーゼを訴えるのに対し、安村はすべてを受け入れようとする…今の世相に合っているんじゃないですか。その点で、企業のCMにも使いやすいという話です」

デスク「"安"は安倍晋三首相の安でもあるってな。政権批判より、体制順応が正解っていう世の中の流れを表してるんだろ。そんなことでいいのか!」

記者「ハイハイ…」
《NewsCafeゲイノウ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top