妻夫木聡、エロネタ暴露のウラ事情 | NewsCafe

妻夫木聡、エロネタ暴露のウラ事情

俳優、妻夫木聡(34)が、自宅にエステティシャンを呼び、度々過激なサービスを要求していた、と一部週刊誌に報じられた。 妻夫木といえば、2年ほど前からハーフ女優、マイコ(30)と交際中で、私生活も充実している。それなのに、きわどいメンズエステにハマっていたとい

芸能 ニュース
俳優、妻夫木聡(34)が、自宅にエステティシャンを呼び、度々過激なサービスを要求していた、と一部週刊誌に報じられた。
妻夫木といえば、2年ほど前からハーフ女優、マイコ(30)と交際中で、私生活も充実している。それなのに、きわどいメンズエステにハマっていたというのだが…。
「芸能人だって、性欲を抑えることは大変なんです」と語るのは女性誌記者。
妻夫木はどんな要求をしたの?
「彼が利用していたエステは店舗を持っていますが、自宅派遣も可能なシステムでした。彼は自宅で紙パンツ1枚になり、若い女性スタッフから2時間2万円の全身オイルマッサージを受けていました」
何回くらい女性を呼んだの?
「報道によると、約20回。相性のいい子と出会うために、何度も女性を替えてもらい、気に入った子には『あのう…オプションってないんですか?』と片っ端から聞いていたようです」
何、そのオプションって?
「要するに、ペニスにオイルを塗ってしごいてもらい射精まで導くサービスのことです。彼が使っていたエステサロンは、アロマオイルを使用したリンパマッサージで、足の付け根まで触る。タマまで刺激される形になるので、妻夫木も我慢の限界だったんでしょう」
女の子は全員応じてしまうの?
「さすがにそれはありません。それを報じた週刊文春が店の関係者に取材した話では、手で処理してあげた子と胸を揉ませた子が、それぞれ2人ずつ。その他、セックスに応じた女性も3人ほどいたらしいですね」
女性たちは相手が妻夫木だと知ってやったの?
「もちろんです。そういう行為は店の経営者から禁止されていましたが、イケメンの俳優に誘われて断るのは難しかったんでしょう。断った子にも妻夫木は『追加料金払いますよ。損はさせません』と口説き続け、ついに折れた子もいたそうです」
どうしてそんな秘め事ばバレてしまった?
「店を辞めた女の子が文春にタレコミしたようです。最近の若い女性は、芸能人の情報を売ればお金になることを知っている。特にエロネタ関連は取り上げられやすいですからね」
マイコは怒っていないの?
「もちろん怒っていますけど、別れるほどでもないでしょう。ほんの出来心だと最後はわかってくれたようです」
そうなんだ?
「顔の売れた俳優は素人女性と浮気するわけにもいかず、かといってソープに行けば『私と寝た芸能人』のタイトルで暴露記事が書かれる。プロの女性たちの口がどんどん軽くなって、有名人は怖くて風俗にも行けない状態なんです。だから、エステで身体を触ってもらうくらいしか楽しめない」(先の記者)
妻夫木だって普通の男。合意の上での遊びなら、あまり騒ぎ立てることなく、大目に見てやってほしい。
《NewsCafe》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top