みのもんた、受難は続く | NewsCafe

みのもんた、受難は続く

芸能 ニュース

なかなか本格復帰が見えてこないタレント・みのもんた(69)。
「東京スポーツの記事でまた受難状態です」というのはスポーツ紙デスク。
みのは日本テレビに勤めていた次男が窃盗容疑で逮捕されたことを受け、昨年10月に多くのレギュラー番組を降板する結果となった。
ここにきての受難とは?
「東スポは先日、『日本中の誰もが知っている超大物タレント・Xの親族・Yが暴力団関係者から恐喝されている』と報じました。さっそくXは誰だ推理が始まり、みのもんた確定説になってしまいました」
確かに東スポはASKA(56)の薬物中毒疑惑をスクープし、逮捕された次男には薬物疑惑説も浮上したが、今回はみのにとって随分な受難だ。
「記事は、Xの親族が違法薬物らしきものを吸引している写真や動画をネタに暴力団関係者から恐喝されているという内容。Xのヒントとして『テレビで見ない日がないほどマルチに活躍してきたが、最近は姿を見かけることが少なくなり、それでも再び復活の足がかりを作ろうとしていた矢先』とあるため、ネットでは『島田紳助(58)は引退したから、みのにドンピシャ!?』といわれています」
うーん、ハナシ半分にして聞いておきますか。
「あなどれませんよ。ASKAの場合は後追いで週刊誌が特定しましたから、近いうちに実名が出るでしょう」
仮にみのの親族だったとしたら、みのはまたコメントを求められるだろう。
「はい。『Yの素行不良は有名で、Xの威光をカサにやりたい放題。過去に大きなトラブルを起こしたこともある』という内容からも『やっぱりみのの次男?』『次男だったら親族じゃなくて家族だから違う』などなど、盛り上がっています」(先のデスク)
さて、実名スクープはどの媒体がゲットする?
《NewsCafe》
page top