4割の人が悩む"かかとのひび割れ"…対処法は? | NewsCafe

4割の人が悩む"かかとのひび割れ"…対処法は?

社会 ニュース

従来は秋から冬にかけてが要注意の時期とされていた"乾燥肌"だが、最近では一年を通して肌が乾燥するケースも増えているという。冬場はストーブやホットカーペット、夏場はエアコン…かさつきに悩まされる人は多いことだろう。
なかでも症状が重くなると手に負えないのが、かかとの乾燥だ。というのも、かかとには皮脂腺がないため、皮膚表面を保護・保湿する皮脂がそもそも足らない。さらに女性では、ハイヒールやパンプスによる足への圧迫刺激により、角質層が厚くなってしまいがち。分厚く堅くなったかかとがひび割れた日には、歩行困難な痛みに襲われることも…。
NewsCafeのアリナシコーナーでも「かかとのひび割れに悩んでいる?」という調査が実施されたようだ。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…40.5%】
■年と共に、角質化がひどくなった。ケアしないとガサガサ。
■足の裏全体がひび割れ…。爪切りで剥けた皮を取り、ラナケインを塗る。
■1年中『地割れ』を起こしています…(涙)。
■悩みってほどじゃないけど、 一応オンナとして困ってる。
■なった事あるから気持ちは分かる
■冬はよくなる。割れたところにエレキバンの張替テープを貼る。
■悩んで、かかとの皮むく美容液使って、今皮むくれ中。
■バッリバリ!! 何とかして~!! フットケアとかもしたけど綺麗に剥けん!
■オイルよりクリームと皮膚科で言われました。
■ナシのコメントみてタメになりました。ありがとうございました。

【ナシ…59.5%】
■秋口からクリーム等を塗って手入れしていれば、悩まなくてすみます。
■冬に鏡餅の様になった事アリ。痛かったり血が出たり。マッサージで解消。
■もう、冬じゃないから今は困っていない。悩みって表現は大袈裟。
■毎朝ストッキングを履く前にクリームを塗るのでツルツルです。
■数年前の冬にヒビ割れてから、尿素クリームでケアしている。
■昔なった。痛いよね…今は手荒れが酷いです。家事が辛い。
■お風呂上がりに毎回クリームを塗ってます。
■夏過ぎからクリーム塗っていると、大丈夫だということが判明。
■割れたことがない。
■気にしたことがない。

【ナシ派】優勢とはいえ、4割以上もの人が"かかとのひび割れ"に悩んでいることが判明した。読むだけで痛々しくなるコメントがたくさん届いていたが、同時に「ヴァセリンかニベアでツゥルツゥル~」「尿素、グリセリン、水道水で作る"美肌水"でつるつるのかかとです」「絹靴下履くようになってから、クリーム塗らなくてもかさつかない」「ベビーオイル塗ってかかと靴下はいて寝ると安上がりでツルツル!」「母に『桃の花』というクリームを塗ってもらってます!」等、"乾燥を悪化させないためのフットケア情報"も数多く寄せられた。
また「水虫かもしれないので、病院行ってください」という意見には「適当な事を言うな! まったくの別物だ!」「水虫じゃない! 知ったかぶり!」という反論コメントが届いていたが…。実は、かかとの角質が厚くなり、がさがさ状態になる「角質増殖型水虫」…通称"かかと水虫"も確かに存在する。
痒みがなく、乾燥と混同しがちなため、水虫の中でも発見しにくいタイプだと言われている。保湿ケアの効き目が感じられないという人は、まずは皮膚科の受診をしてみると、解決への早道となるかもしれない。

[文・能井丸鴻]
《NewsCafeアリナシ》
page top