なぜ彼らは子供を殴り殺したのか? | NewsCafe

なぜ彼らは子供を殴り殺したのか?

「また育児がしたいんです・・・。子供を家に戻せないでしょうか?」 埼玉県の児童相談所に一本の連絡が入った。かけてきたのは我が子を生後6カ月から虐待してきた母親からだった。無職の草川彩夏(当時23歳)だ。児童相談所は今までに草川の長男、明日ちゃん(当時5歳)

社会 ニュース
「また育児がしたいんです・・・。子供を家に戻せないでしょうか?」

埼玉県の児童相談所に一本の連絡が入った。かけてきたのは我が子を生後6カ月から虐待してきた母親からだった。無職の草川彩夏(当時23歳)だ。児童相談所は今までに草川の長男、明日ちゃん(当時5歳)を二度保護している。赤ん坊に手を出す母親だ。あの言葉を信じていいものか、相談所側も悩んだことだろう。
結果、明日ちゃんは母親の元に戻された。
母親の母性にかけたのだ。

しかし、その思いはいとも簡単に裏切られた。2012年7月、明日ちゃんはこの母親と同棲相手の男、佐久川光弘(当時23歳・無職)に虐待され、亡くなってしまったのだ。
亡くなった時、体中にはアザ、顎の骨は骨折、歯も折れ、心肺停止の状態だったという。
草川と佐久川は傷害致死の容疑で逮捕された。ともに「なつかなかったから」と話している。

明日ちゃんと母親の草川の年齢を考えれば、草川が10代で妊娠したことがわかる。
非行や不登校を経て、若くして妊娠・出産し、待っていたのはパートナーからの暴力と貧困だった。
親戚からの子育て援助はほぼ皆無。「育児でストレスがたまる」。様子を見に来た相談員にこう話していたという。
DV・貧困・育児ストレスの三つを抱えた草川に新たな生活の希望を与えたのは佐久川という薬物依存症の男だった。草川は佐久川とまた新しい家庭を築く夢を見ていたのだ。だから明日ちゃんを戻したいと考えたのかもしれない。

「結婚したいし、二人目の子も妊娠したの。産んでもいいよね?」
「何言ってんだ!おろせよ」

現実は23歳の無職、子供を育てる環境と能力がまったくない二人なのだ。第二子出産を巡って二人は派手に喧嘩し、挙句、佐久川が別れを告げると草川は暴れて妊娠中にも関わらず大量の鎮痛剤を飲み込んだという。
明日ちゃんにも、お腹の中の子にも愛情と関心を向けなかった草川が、どんなことをしてでもすがりつきたかったのは佐久川という内縁の夫だったのだ。これは客観的に見れば「母であること」より「女としても自分」を取ったということになるだろう。

「自分が幸せになれないのはこの子のせい」
「俺ら二人の仲が悪くなったのはこいつのせい」

自分勝手な被害妄想を5歳の子に猛烈な勢いでぶつけながら、草川と佐久川は明日ちゃんを金属棒で殴り続けたのだった。

ところで「若くして妊娠・離婚・貧困・社会からの孤立」という同じキーワードでこの朝霞市の事件より前に大きな議論を呼んだのが大阪で起きた二児餓死事件だ。
世論はまず二児を死なせた母親を徹底的に断罪した。
しかし、次にポツポツと上がってきた意見は「母親を責めるだけでは解決しないのではないか?」とのものだ。
子を持つ母親が置かれる状況は一様ではない。育児に伴う苦労・悩みを社会が救わねばならない、との問題認識だ。

今現在も

「子供が子供を産むな」「要はだらしない女」「そんな男と子供をつくることが既に虐待」

「養育費を払わない男の責任は?」「シングルマザーの支援が必要」「お母さんにも頼る人がいないと」

と議論は尽きない

家族崩壊の裏には現在の社会問題が色濃く反映されていることが多いが、あなたは一連の児童虐待の事件について何を思うだろうか?

NewsCafeでは犯罪分析コラム「NewsCafeユーザーによる事件アナリシス」の連載をスタートしました。皆様のご意見をもとにした内容となりますので、コメントポストにてコメントを募集します。
皆様からのご意見、お待ちしております。

※朝霞市児童虐待死事件
2012年7月に当時5歳の草川明日ちゃんが実の母親とその同棲相手に虐待され、最後には腔内粘膜の損傷による敗血症で死亡した事件。顔をげんこつで殴る、熱湯をかける、ペッパーソースを強制的に飲ませる、500回以上のスクワットをさせる、眠らせないように立たせたままにするなど、激しい虐待を受けていた。「ママと一緒に寝たい」が明日ちゃんの最期の言葉だったという。裁判では母親・同棲相手ともにさいたま地裁で懲役11年の判決が言い渡された。
《募集中!コメントポスト》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top