「専業主婦はお気楽」というイメージ…アリ派が約半数 | NewsCafe

「専業主婦はお気楽」というイメージ…アリ派が約半数

厚生労働省は今月10日「若者の意識に関する調査」の結果を公表した。15~39歳の男女を対象に、生活満足度や未来への展望について様々な質問が実施されている。そんな中、各種メディアからの注目度が特に高かったのが"専業主婦"についての印象データである。 男性に「結

社会 ニュース
厚生労働省は今月10日「若者の意識に関する調査」の結果を公表した。15~39歳の男女を対象に、生活満足度や未来への展望について様々な質問が実施されている。そんな中、各種メディアからの注目度が特に高かったのが"専業主婦"についての印象データである。
男性に「結婚相手(事実婚含む)の女性は専業主婦になってほしいと思いますか」と質問したところ「どちらかといえばそう思う」または「そう思う」と答えた人は合わせて19.3%だった。それに対し、女性は「結婚(事実婚含む)したあとは専業主婦になりたいと思う」と答える人が34.2%と、男性のそれを大きく上回った。女性の実に3人にひとり以上が専業主婦を希望していることになる。
ちなみにその理由としては「私(配偶者である女性)は仕事が嫌いだから」と答えた人が20.7%、「夫の収入だけで暮らしていけると考えているから」は17.9%…(複数回答可)。もちろん「女性には家事や子育てなど、仕事をするよりもやるべきことがあると思うから」と答えた人も61.4%と多かったが、なんとなく後ろ向きな考えがあることもまた事実だ。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでも「専業主婦はお気楽というイメージがある?」という調査が実施された。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…49.6%】
■全時間働いて家事も育児もこなす方から見れば専業は楽だろうが!
■よく専業主婦は年中無休と言うが、兼業主婦はもっと無休なんです。
■それなりに大変だとは思うけど会社員のしんどさはない。
■社会情勢に疎く、狭い了見で自分の大変さだけを主張する人が多い。
■自分でお金を稼がなくても生活できる、それだけで恵まれてるよ。
■仕事とは緊張感とストレスが違うからね。
■やはり守られているイメージはある。
■元専業主婦でした。気楽だったなぁ。
■私は正職員で9時間仕事し家事子育てもしてる。
■大変! ってわかるが、やっぱり楽そう。

【ナシ…50.4%】
■そんなふうに思ってるような男とは結婚したくないわね。
■じゃ代わってくれ。専業主婦を馬鹿にすんなよぉ!
■働いてる人の方が実は気楽なんだよ? 判らない人に呆れるよ。
■人による。毎日キチンとしてる人はヤル事多いよ。セレブ気取りは×。
■相手を認めず悪口言って貶める人にはなりたくない。同じ女なのに。
■お気楽と思えるのは「専業主婦」の経験がないから。
■働いてる方が楽。
■家族のために一所懸命主婦してる人に対して失礼!!
■そう思えるのはごくごく一部のマダム方だけ。
■家の中がスムーズに回るのは主婦のおかげ。感謝して。

結果はほぼ真っ二つとなった。わずかに優勢の【ナシ派】からは「働けど給料なしで虐げられてるよ!! 主婦なめんなよ!!」「私はお気楽グウタラ主婦ですが、世の主婦の方々は違う!! 失礼だ(怒)!!」など、怒りの声が多く寄せられている。
また「アリはウチに来ます? 朝4時起き・畑仕事・朝食お弁当作りに家事できる?」「お舅さんお姑さんと住んでる主婦は大変そう」という声もあった。確かに"専業主婦"と一口に言っても、家族構成や家業によって、立場は大きく変わってくるだろう。介護が必要な家族がいたり、持病があって働きに出られないという人もいるはずだ。
一方で【アリ派】の最多意見は「家事と仕事を両立している女性からすれば気楽なのでは?」という内容だった。しかし、それについても【ナシ派】からは「働くために外へ出ることで気分転換になる」という反論がある。状況次第では、メンタル面の負担を"家の外での労働"が発散させてくれるケースもあるのかもしれない。
その昔は、仕事を持つ女性に対しての風当たりが強かった。「旦那と子供がいるのに家事をおろそかにして…」と陰で言われることもあっただろう。結局のところ、いつの時代も「隣の芝生は青い」…ということか。

[文・能井丸鴻]
《NewsCafeアリナシ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top