[緊急寄稿]実現させたかった…愛情たっぷりの"ドッキリ企画" | NewsCafe

[緊急寄稿]実現させたかった…愛情たっぷりの"ドッキリ企画"

芸能 ニュース

普段は雄々(おお)しく、豪快な印象が強い桑名正博さんだが、親しい関係者は"優しい人"と口をそろえる。若手時代の島田紳助さんにも、ことあるごとにご飯を食べさせたり、相談に乗ったりしていたという話を耳にしたことがある。
そんな風に面倒見のよさから、多くの人から慕われた桑名さんだが、実は倒れる直前にも、ある若手芸人を激励するため、愛情たっぷりの"ドッキリ企画"を自ら立てていた。
ターゲットとなっていたのは、桑名さんのものまねを得意ネタとする吉本興業所属の兄妹漫才コンビ「ビタミンS」のお兄ちゃん(本名・中野将幸)。
桑名さんは、お兄ちゃんとは面識はなかったが、昨年、共通の知人を通じて、お兄ちゃんが自分のものまねをしていることを知り、「やっと大阪で俺のものまねをするヤツが出てきてくれたか。みんな、ビビッてやらないのに、勇気のあるヤツや。ホンマにうれしい」と、とても喜んでいたという。
8月中旬に大阪市内のレストランで行われる予定だった、桑名さんの誕生日パーティーにお兄ちゃんを招き、そこでドッキリを仕掛ける計画だった。
《NewsCafe》
page top