尖閣諸島に米軍基地ってアナタはどう思う? | NewsCafe

尖閣諸島に米軍基地ってアナタはどう思う?

海外 ニュース

10月1日、オスプレイが沖縄普天間基地へ配備された。尖閣諸島問題で「中国脅威論」が巻き起こったことが、配備を後押ししたと言われる。地元、沖縄ではデモ行動も巻き起こった。ではオスプレイと尖閣問題とは、どうつながっているのだろうか。9月19日、アメリカのパネッタ国防長官は、訪問先の中国で習近平国家副主席と会談した際、尖閣諸島を巡る日中の対立について、「両国の話し合いによる平和的な解決を望む」としたうえで、尖閣諸島は「日米安保条約の適用範囲内」だと直接説明した。「アメリカは安全保障条約の責任がある」として、仮に軍事的な衝突に発展すれば、アメリカは関与せざるをえないと伝えたという。つまり、日中間でもしも「戦争」という事になれば、アメリカが日本に軍事的に協力するつもりがある、と「宣戦布告」したのだ。判断が難しい問題だ。日本には憲法第9条に記された、「平和憲法」があり、しかもアメリカとは安全保障を結ぶ関係だ。尖閣諸島を巡る騒動で対立している中国に、建前では軍事的手段に出る事はできないから、強国、アメリカには支援してもらいたいところだ。しかし、オスプレイが配置された沖縄には既に長い間、米軍基地があって、米軍兵が起こす数々のトラブルにも目をつぶる事はできない。そこで普天間ではなく、いっそ尖閣諸島に米軍基地を作ったらどうだろうか、という議論も一部ではささやかれている。これも、日本の解釈では尖閣諸島も日本の領土であり、安易に基地建設が認められる訳ではないだろう。さて、この議論、アナタならどう思うだろうか。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでは「尖閣諸島に米軍基地。これってアリ?」という調査を実施。結果と共にさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…55.4%】
■島としての使い道が無いのだし、放置するより良いのでは!?
■沖縄じゃなくてここにすれば良いじゃん。
■現実的には不可能だが、ついでに沖縄本島から撤退すれば、一石二鳥かな。
■日米合同の基地を設置すれば良いのでは?
■空母常駐で周辺を巡航させて!オスプレイも御自由に飛ばしていいよ!
■ついでに竹島にも米軍基地を作って!
■この際アメリカに丸く収めてもらおう。
■相手がアメリカなら、いくら中国でも噛みつけないだろう。

【ナシ…44.6%】
■日本と中国の問題なのに、米軍基地を設置するのはおかしい。
■日本の自衛隊の駐屯地を作る方がいい。
■尖閣は日本の領土だから、自衛隊が守るのが当たり前。
■自衛隊か海上保安庁でしょう。
■さらにややこしくなる!!
■日本が実質支配していないと後々不利になる。

【アリ派】が半分以上を占める結果に。その中を見てみると、「現実的には難しいが、沖縄に基地を作るよりはまし」という意見だ目立った。沖縄の県民感情も理解した回答だろう。そのほかに、「アメリカに騒動を収めてもらいたい」「中国もアメリカが相手ならこれ以上、問題を大きくしないのでは?」という声もあった。アメリカが今回、沖縄にオスプレイを配置した理由の1つに、アジア圏内を軍事的に支配下に置きたいからだ、と指摘する人もいる。オスプレイはスピードが速く航続できる距離を考えると、沖縄に配置すれば尖閣諸島から台湾、南シナ海に至るまでアジア圏内の広範な領海のトラブルに、すぐに海兵隊が対応できるからだ。航続距離の短いヘリコプターの代わりに、沖縄本島から北朝鮮まで直接飛ぶこともできるのだ。それに対して、米軍基地を抱える沖縄県知事は配備反対を表明した。墜落事故を起こす危険性が高いというのが主な理由だ。しかも、アジア圏支配の名の元に、同盟国、日本も支配される危険性を感じる人もいるだろう。一方、【ナシ派】を見てみると、「日本と中国の問題をなぜアメリカが解決するのか」という意見が多かった。そもそも今回の尖閣騒動の発端は、4月に石原都知事が訪米中に、「東京都が尖閣諸島を買い取る」と宣言した事だった。竹島や北方領土と違って、尖閣は日本が実質的に支配していたのだから、むやみに騒ぎを起こすべきではなかった、と主張する人もいる。それに「応戦」したのが中国であり、続いて日本政府が正式に日本の領土とすると発表した事で、大騒ぎに発展したのだ。その騒ぎに上乗せするかたちになったのが、アメリカのオスプレイ配置だった。日本を守ると中国に声を荒げたアメリカだが、やはり日中間の問題に割り込みしたように見える人もいるだろう。

尖閣諸島問題では中国で大規模デモが発生した。中国に工場を置く日本企業、日本人の現地駐在者たちはまさに目の前に恐怖をさらされた。加熱し過ぎて、騒動の当事者、日本と中国だけではもう解決できないのだろうか。さらに、そんな状況にアメリカが油を注ぐ事にはならないだろうか。

[文:羽生弘]
《NewsCafeアリナシ》
page top