人生の転機!? 「街でスカウトされたことがある」 | NewsCafe

人生の転機!? 「街でスカウトされたことがある」

ビックリ ニュース
スカウト(scout)と言うと、英語では"斥候・偵察"の意味で使われますが、日本では主に"優秀な人材の勧誘・引き抜き"、またはそれをする人を指しますね。タレント事務所や各種モデル…ひと口に"スカウト"といってもいろいろですが、繁華街を歩くと、人並みの中に立って目を光らせている人を見かけます。NewsCafeユーザーの皆さんの中にも、声をかけられた経験がある人もいるでしょう。また「こんな意外な職でスカウトされた!」という人もいるかもしれません。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでは「街でスカウトされたことがある?」という調査を実施しました。結果とともにさまざまな意見をご紹介します。

【アリ…18.4%】
■芸能界じゃなくて、お水系ならあります(笑)!
■大阪のストリップ劇場の踊り子。微妙やけど一応スカウト?
■20年以上前だけど。大手芸能プロダクションだった。
■AVスカウトで「君は絶対売れる」とか言われたけど全然嬉しくない。
■ニューハーフと間違えられ、店で働かないかと勧誘された…。
■ゲイ向けビデオに! とスカウトされました。もちろん断りました。
■湘南海岸で日活ロマンポルノに。B90DカップW57の頃。今はただの豚。
■で、芸能界デビューしてました…。
■警察官、自衛官、野球選手、みんな断った。
■オーストリア留学中に、傭兵のスカウトを受けた。怖くて断ったけど。scout

【ナシ…81.6%】
■田舎にスカウトマンはいません。せいぜいナンパくらい。
■道ならよく聞かれるけど。
■若い時から一度もなし。声をかけられるのは、街頭アンケートだけ。
■そりゃワタシだって若い時、都会にいたら…ないかっ!!(笑)
■職務質問なら数回(笑)。
■いつスカウトが来てもいいように心の準備はしてるわ。
■宗教の勧誘と、化粧品のモニターでならあるけど…(笑)。
■駅前でよくある「手相を見せて下さい」は何回もある。

結果は【ナシ派】が8割と多数派ですが、5人にひとりはスカウトされた経験があると考えると、なかなかの数字です。両派に共通して多かったのは「美容院のカットモデルなら…」というコメントでした。これも"人材の勧誘"という意味では立派なスカウト経験ですよね。また男性からのコメントでは「自衛隊を勧められた」というハードなケースもありました。
【ナシ派】から多く届いたのは「住まいが地方なのでスカウトは少ない」という声ですが、【アリ派】に寄せられたコメントを見ると「地方で声をかけられた」という声もチラホラ。スカウトマンは、必ずしも都心部で張り込むわけではないようです。
ほかに「さんまの『恋のから騒ぎ』に…」「スナックのママにスカウトされた…確かにヤンキー顔ですが(泣)」「昔、地方局でやっていたお色気番組(笑)に出ませんか? と」など、特定の番組や店舗にスカウトされたという面白コメントも寄せられました。

[文・野村裕子]
[写・BombardeMaxima]
《NewsCafeアリナシ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top