代表選に総裁選…肝心な解散総選挙はいつ? | NewsCafe

代表選に総裁選…肝心な解散総選挙はいつ?

政治 ニュース

民主党の代表選、そして自民党の総裁選が盛り上がりを見せている。出馬を示唆していた細野豪志環境相兼原発事故担当相が立候補を見送り、また現総裁でもある谷垣禎一も立候補を断念。民主党は変わらず野田首相が代表を務める流れになりそうだが、自民党の新総裁によっては次回の総選挙では政権交代も起こりえそうだ。震災後も続く原発依存や領土問題をはじめとする弱腰外交に批判の声も大きくなってきているなか、NewsCafeでは『解散はいつが妥当?』というアンケートを実施。結果とともに寄せられた意見をそれぞれご紹介しよう。
※回答総数…1012件

【今国会中】(46.9%)
■今すぐ解散してほしい。最悪な法案しか出してこない。[女性/30代/会社員]
■ていうか、早急に解散しなさい![男性/20代/学生]
■1日1秒でも早く解散してくれ。嘘つきパフォーマンス政権は終わって欲しい。[男性/40代/会社員]

【年内】(24.7%)
■それもできるだけ早い時期での解散を望みたい。これ以上の政局混乱は国そのものの機能を後退させかねないからだ。[男性/40代/その他]
■早いうちの方が、国民の為にもなると思います。[男性/30代/会社員]
■とにかく野田総理が勝手に進めた消費増税を凍結するために、解散総選挙→増税賛成派全員落選、を望みます。[男性/50歳以上/専門職]

【任期満了まで望まない】(15.6%)
■しばらくこのまま冷静に進められる野田内閣で良いと思います。[男性/30代/会社員]
■選挙をして多少顔ぶれが変わったって日本の政治のトホホぶりは何も変わりません。任期までしっかり仕事をしてください。[女性/40代/会社員]
■日本は代表がコロコロ代わりすぎ。総理を代えたとしても、新しい総理を批判して引きずり下ろす人達が必ず出てくるのだから、意味がないことはせず、1つにまとまって欲しいと願う。[男性/40代/その他]

【年度内】(6.6%)
■本音は半年前にすべきだったと思う。しかし、現状での早急な解散は外交的なリスクが大きい。だが、民主党には余計な仕事はもう必要ないかな。[男性/30代/専門職]
■議員定数削減と一票の格差を是正をしてからなるべく早いうちに。[男性/30代/会社員]

【任期満了(来年8月)直前】(5.0%)
■解散を急ぐことより、まずは、しっかりせよ!国益を考えて協調的に。[女性/50歳以上/その他]
■政局に明け暮れ誰もできなかった消費税税率引き上げ法案を通したなら他の難しいこともできるだろう模擬テストみたいなものだ言葉だけではなく行動で示したことを評価したい。[女性/40代/会社員]

【来年度の早期】(1.1%)
■国内としては年内だが、国際的に見ると領土問題等もあり、早期は得策では無い。[女性/40代/会社員]

近々の解散を望む声が多数を占めたが、15%は【任期満了まで解散を望まない】を選択。税金の無駄使いを懸念する声が多く寄せられた。
投開票は民主党代表選が9月21日、自民党総裁選が26日となる。専門家は野田首相の12月ロシア訪問や財務省が「野田首相のもとで来年度予算を組む」と考えていることから年内の解散はないと見ているようだが…果たしてどうなるか、引き続き政界から目が離せない。
《Newscafeアンケート》
page top