価格か、サービスか…格安航空会社LCCってどう思う? | NewsCafe

価格か、サービスか…格安航空会社LCCってどう思う?

経済 ニュース

国内初の本格的な格安航空会社LCCが話題だ。「ピーチ・アビエーション」は関西ー福岡、関西ー札幌の2路線で今年3月にサービスを開始しており、割安な運賃で平均搭乗率8割程度と好調を維持している。しかしながら従来の航空運賃に含まれていた飲食や荷物預かりサービスは削られており、座席指定はない。価格かサービスか…利用にあたり、意見が分かれるところだ。
NewsCafeのアリナシコーナーでは6月13日に『格安航空会社で旅行ってアリ?』という調査を実施。結果と共に寄せられた声をそれぞれご紹介しよう。

【アリ…45%】
■無料サービスこそ無いけど格安で目的地へ行けるだけでも。
■自分が料金と比較してサービスに納得出来ればいいんじゃない!?
■格安でも命を運ぶ仕事だ。整備はキッチリしてるだろう。
■選択肢が増えるのは良いこと。
■仕事上、年間2~3回利用するが今の所問題なし。安いのは助かる。

【ナシ…55%】
■乗りたいけど安全は大丈夫かな?安すぎは不安。
■絶対に嫌だ!! 命を値切りたくないね。
■数年に1回の旅くらいリッチに行きたいぜ。
■安全と安心を金で買うことにしている。
■怖い怖い。
■機内サービスの良さを削ぎとった空の旅なんて…。
■気分よく旅行するならケチケチばかりしていられない。

半数以上は【ナシ】と回答。安さからくる不安点として安全面に対する疑問の声が多く見られた。
しかしながら、格安航空会社LCCは新造機が比較的多く、単一機材であることが多いため機材のメンテナンスも容易。これは整備の安全性を高めることを意味しており、新造機ほど操縦が簡単だという。
ちなみにピーチ・アビエーション はライバル航空会社の客層を取り込むのではなく新幹線など他の交通手段を利用している客層を取り込むのが狙い。追加料金を支払う事で広がるサービス展開も今後期待できそうだ。
《NewsCafeアリナシ》
page top