緊張破りの男 | NewsCafe

緊張破りの男

スポーツ ニュース

何事も、ことの最初は緊張するものだ。
決定するまでに1年もかかるとなると、未知への不安もある。

大事に行きたい。万一取りこぼしでもして、悪い出足となると後に響く。他の対戦相手にも、弱点を見せることになる。
準備の間にそんな不安も起こるだろう。

まして会場は超満員のホーム。初戦の相手は3次予選最終戦でアジア最強のオーストラリアを1-0で破っている。「勝つしかない」と思っても、雰囲気は重い。

そんな緊張を破ったのはその本田圭佑のゴールだった。
その重苦しさは開始12分で解けた。

前田、香川、前田とつないだ素早いパス交換から、左サイドを深く駆け上がった長友にボールが渡り、左からのクロスに本田が左足ボレーでゴールした。
何度見ても鮮やかなゴール。ゴール中央からファーサイドに位置取り。フリーの状態を作り、そこへ長友のクロス。
何事でもなかったように、冷静にボレーを打ち、当然のようにネットを揺らせた。

「イメージ通り。長いこと点を取っていなかったので狙っていた。最終予選初戦で体が重かったり、硬かったりした。あの先制点は自分にとっても大きかった」

日本代表エンブレムと日の丸に誇らしげに唇を持って行った。そう言えば、南アグループリーグ初戦で松井大輔のクロスを合わせ決勝ゴールをあげ、快進撃のスタート切ったのも本田だった。やはり頼りになる男が、きっちりと戻ってきてくれた。

後半開始早々、立て続けに2点を奪い3-0。終わってみれば危なげない試合展開での完勝だった。南アW杯初戦でも本田の一発にやられたカメルーンだが、当時のルグエン監督がオマーンの監督だった。

「非常に残念な結果だ。勝つべくして勝った日本におめでとうと言いたい。日本は本当に素晴らしいチーム。われわれは存在しないに等しい状態だった。日本のような高いレベルのチームとわれわれのようなチームとの間には格差があることを認めないといけない。チャンスも作れなかったし、ほぼ何もできなかった。今後に向けての改善の必要性を感じている。日本には欧州の強豪クラブでプレーする選手がいるが、オマーンにはそういう選手はいない。がっかりしたけれどサプライズではない。今後、ギャップを埋めるために努力をしていくしかない」

敗戦の将は日本を褒めるしかやりようがなかった。

確かにここ数年で日本から欧州のチームへ移籍した選手は多くなった。今回の先発もFW前田、MF遠藤、DF今野以外は欧州で活躍している選手ばかりだ。欧州選手だけで1チーム編成できるようになった。
しかもここに来て香川のマンUへの移籍の報道だ。香川は正式契約前と言うことで多くを語らなかったが、もともとプレミア志向で「1年を通してハードに戦うし、素晴らしいチームがたくさんある」と語っている。

本田も「真司は世界のトップクラブでプレーするにふさわしい選手。日本人として誇らしい」とエールを送る。チーム内のモチベーションをさらに高めるだろうし、対戦相手にとっても世界トップクラスの選手が存在することが脅威となるだろう。好スタートを切ったジャパンだが、重苦しい緊張は今後1年は続く。

「僕もビッグクラブにふさわしい選手と自覚している」と自己アピールを忘れない本田だが、この緊張感を解いてゆくことがビッグクラブに繋がるのだろう。

[ビハインド・ザ・ゲーム/スポーツライター・鳴門怜央]
《NewsCafeコラム》
page top