酒鬼薔薇事件から15年 「今年も手紙を受け取りました」 | NewsCafe

酒鬼薔薇事件から15年 「今年も手紙を受け取りました」

社会 ニュース
1997年、神戸で当時小学6年生だった男の子が少年に殺害された児童連続殺傷事件(通称:酒鬼薔薇事件)からきょうで15年が経つ。中学校正門前に被害者の頭部が置かれ、口には「さあ、ゲームの始まりです」と書かれた犯行声明文が差し込まれていたあの時件。かつて見ない悪質殺人として連日メディアはこのニュース取り上げ、また犯人が普通の14歳であった点は社会に大きな衝撃を与えた。犯人の動機としては、殺人や遺体を損壊する時に性的な興奮や快楽を感じる"快楽殺人者"であったこと、また性的関心と暴力的衝動が分離されない異常者であったことが原因だといわれている。

15年経った今年、被害者の父親は手記で次のように癒されることのない気持ちを述べている。(以下は要旨)

「息子が私達家族の前から姿を消して15年がたちました。今でも息子のかわいい笑顔を、昨日のことのように思い出します。今年も加害男性からの手紙を受け取りました。彼自身に大きな変化があったようで、自分自身に向き合い始めたのではないかと思われるような内容だと感じました。2008年に改正された少年法の見直しが今年から始まります。今回の改正では、条件付きですが被害者の審判傍聴が認められるなど大きく改善されました。しかし、審判傍聴の対象範囲拡大や加害少年の顔が見える場所からの陳述、社会記録の閲覧など、まだまだ多くの課題が残っています。今回の見直しで、少しでもその状況が改善されるように願っています」

また、先日起きた京都府亀岡市の小学生の列に車が突っ込み10人が死傷した事故に対しても触れ、警察が被害者の個人情報を漏らした問題などに関連して犯罪被害者への支援の徹底を訴えている。
《NewsCafe》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top