18日も雷雨に注意 気象庁が呼びかけ | NewsCafe

18日も雷雨に注意 気象庁が呼びかけ

社会 ニュース

17日からの強い寒気の影響で、18日も東日本の広い範囲で大気の状態が不安定となっている。ところによっては朝から雷雨となっており、夜にかけて落雷や突風などが引き続き起こりやすくなっているという。
気象庁は、雷が鳴ったりひょうが降ったりするなど、積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物に入って安全を確保するよう呼びかけている。
《NewsCafe速報》
page top