男選び、大事なのは年収ではなく… | NewsCafe

男選び、大事なのは年収ではなく…

恋愛 ニュース
交際相手や結婚相手に、年収を求める声は根強くあります。

ステータスの高い人が好きだったり、セレブ主婦を目指したりするわけではなくとも、生活のことを考えるとつい「彼のお金」のことが気になってしまうのはしかたのないところです。

年収や身長、年齢や偏差値など、はっきりと数値化されたものにこだわるとその人の幸福度が下がることは科学的に実証されてますが、それでもなにかを頼りにしたいのであれば、オススメは年収ではなく、「貯金」です。

そもそも結婚したあとの生活を考えてみれば、年収800万円だけども趣味や遊びに忙しく、700万円自分で使っちゃう男性(可処分所得100万円)と、年収400万円でも自分のことには無頓着で、きちんと家庭のことを考えてお金を使える男性(可処分所得300万円)、どちらのほうが結婚に向いているか、と考えれば答えは明白でしょう。

さらに、「貯金」にはその人の人生姿勢が象徴されます。

「そのうち仕事が落ち着いたら結婚しよう」「ふたりでマンションを買うために貯金しよう」と口では言っても、楽しく自分でお金を使い続け、ぜんぜん貯金のできない男性は、結局のところ今の独身ライフを変えたくないのです。

毎月少しずつでもお互い貯金していく。いくらぐらいまで貯まったら、こんなモノを買おう。そうやって話し合い、経済を一緒に作っていく素養、それが貯金には現れます(そんなことを考えずとも、ついつい口座にお金が余ってしまう人であれば、それはそれで問題ありませんが、稀でしょう)。

年収とは単なる数値。結婚という人間関係に向いているかどうかの指標にはなりません。

その点貯金は同じ数値ではあっても、その人の、独身じゃなくなることへの覚悟が象徴されるというわけ。

ですから、相手の生活力に疑問がある場合には、試しに小旅行を企画して「半年後までに○万円、ふたりで貯めよう」と提案してみましょう。そのときの彼のリアクションにこそ、あなたとの結婚に対する真意が見えます。

年収よりも貯金、稼ぎっぷりよりも使いっぷり、ハイステータスよりも協調姿勢。

ぜひ、目に見える分かりやすい数値に惑わされて、幸せをつかみ損ねることのないようにしてくださいね。

[ライター 五百田達成/「恋と仕事のキャリアカフェ」主宰、オトナ女子の恋愛・結婚・仕事の悩み相談を受ける恋愛カウンセラー。TBSバラエティ番組「私の何がイケないの?」にも出演。詳細はオフィシャルブログ(http://ameblo.jp/iota-s/)まで]

[photo by:fe]
《NewsCafeコラム》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

page top