故ホイットニー・ヒューストンへの祈りで幕を開けた第54回グラミー賞、あふれる追悼ムードの一方で、主役は最多6部門授賞のアデル。 | NewsCafe

故ホイットニー・ヒューストンへの祈りで幕を開けた第54回グラミー賞、あふれる追悼ムードの一方で、主役は最多6部門授賞のアデル。

芸能 ニュース

ホイットニー・ヒューストンの急死という衝撃を、音楽界が受け止めきれないまま迎えた第54回グラミー賞授賞式。「音楽の祭典」ならではのフェスティビティは例年通り感じられたものの、予測通りホイットニーの死が影を落とし、追悼ムードにあふれる授賞…
《NewsCafeエンタメ》
page top