報道されていない澤の現地インタビュー「復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった」 | NewsCafe

報道されていない澤の現地インタビュー「復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった」

スポーツ ニュース

女子ワールドカップの優勝を果たし、連日テレビに引っ張りだこの「なでしこジャパン」。
日本のメディアではあまり取り上げられていないが、主将である澤穂希が試合後に現地で答えたインタビューコメントをご紹介しよう。

"We knew that what we were doing here could be about a little more than just a football tournament. If winning this makes one person,someone who lost something or someone or was hurt or damaged by the events that touched our country,feel better for even one moment,then we have really achieved a most special thing. If it makes everyone happy and joyful and gives them a reason to cheer after such difficult times,then we have been successful. Japan has been hurt and so many lives have been affected.We can not change that but Japan is coming back and this was our chance to represent our nation and show that we never stop working. This is like a dream to us and we hope our country shares it with us."

【和訳】
「私達は、ただサッカーをするだけではないことを意識してきた。私達が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、 傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら私達は真に特別な事を成し遂げた事になる。こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、それこそが私達の成功となる。日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。私達は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだからそんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった。今日、私達にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら幸いです」

先日の帰国会見で澤穂希は「長い道のりの目標にしていた世界の頂点に立てた。改めて頑張ってきてよかったと思う」と微笑んだ。
《NewsCafe》
page top