日本人に馴染み深い「めだか」、何て呼んでる? | NewsCafe

日本人に馴染み深い「めだか」、何て呼んでる?

ビックリ ニュース

「めーだーかーの学校はー…」なんて童謡がある小さい魚である「メダカ」。由来は、目が大きく頭部の上端から飛び出していることからだそうです。キンギョと同様に、観賞魚として古くから親しまれているこの魚ですが、多彩な地方名や方言があることはご存知でしょうか。一例としては、下記のような表現があるとのことです。

【青森県】
アソビジャコ・アメフリジャッコ

【宮城県】
アスビザッコ・ザメァコ

【群馬県】
アイゴ・ウキョンゴ

【千葉県】
アビッコ・ムツカラ

【静岡県】
アメンボー・ウタッコ

【石川県】
カタチン・ヒャーノコ

【岡山県】
アミンゴ・ウキチョー

【福岡県】
イオゴ・カワクジラ

【愛媛県】
ウキヨメンタカメ・タバヤ

上記以外にも数え切れないほどの呼び方があるとのこと。アナタの地域では「メダカ」のことを何て呼んでいましたか?是非、ご投稿下さい。
※コチラのコーナーは、何度でも投稿が可能となっています。
《募集中!コメントポスト》
page top