リンス、トリートメント、そしてコンディショナーの違い | NewsCafe

リンス、トリートメント、そしてコンディショナーの違い

ビックリ ニュース

昔から、「髪は女の命」といわれ、長い髪は女性の象徴とされてきました。日本人の、つややかな美しい黒髪は外国でも人気が高いのだとか。

そんな美しい髪の毛を維持するためには、お手入れがかかせません。家庭でもパックや栄養剤などで手軽に"ヘアケア"ができる品が増えてきましたが、「リンス」と「トリートメント」、「コンディショナー」の違いをご存知でしょうか?

◆リンス
髪の表面を油分でカバーし、シャンプー後のきしみを防いで手触りをよくするもの。髪の水分の蒸発をおさえることができますが、毛髪の内部には作用しません。

◆トリートメント
「リンス」と同じ効果はありますが、毛髪の内部にまでたんぱく質成分が浸透。ダメージ部分に栄養を補給することができます。

◆コンディショナー
髪の表面をカバーするという点では「リンス」に近いものの、「リンス」よりも髪の表面のコンディションを整え、しなやかさやコシを加える力もあわせもっているもの。毛髪の内部までは作用する力はありません。

シャンプーにプラスして、これらのケアケア用品を使うとよいでしょう。
トリートメントだけでも大丈夫ですが、もしリンスやコンディショナーを両方使う場合、使う順番としては、
1.シャンプーで洗髪
2.トリートメントで毛髪内部をケア
3.リンスやコンディショナーで表面を保護
がオススメです。くれぐれも2と3の順番を間違えないようにしてください。リンスを使った後は表面がカバーされているため、トリートメントの成分は浸透しづらくなってしまいますよ。
《NewsCafe》
page top