好きな人の顔ほど思い出せない…理由は瞳孔 | NewsCafe

好きな人の顔ほど思い出せない…理由は瞳孔

恋愛 ニュース

突然ですが、アナタは好きな人の顔をはっきりと思い出せますか?

声や仕草などははっきり思い出せても、顔を思い出そうとするとぼんやりする…そんな経験ありませんか?思い出そうとしてもなんだかぼんやりして輪郭がはっきりしない、どうでもいい人の顔ははっきりと思い出せるのに。そう感じる人はわりと多いようです。

一説には「好きな人を見ると瞳孔が開いて眩しい状態になるから」ということがあるんだとか。

瞳孔は光の加減によって大きくなったり小さくなったりすることはよく知られていますが、暗いときに光を取り入れる為に開くだけでなく、好きな人や興味があるものに対しても大きくなるのです。ある心理学者は、光の量以外でも瞳孔の大きさが変化することに気づいて、実験を行いました。

実験は、5枚のスライド写真を1枚ずつ映写して見せ、被験者の瞳孔を毎秒2枚のペースで撮影、ここで使われた写真は「赤ちゃん」「赤ちゃんと母親」「男性ヌード」「女性ヌード」「風景」の5枚。 瞳孔が大きく開いたのは男女とも「異性のヌード写真」のときだったんだそう。風景の写真にいたっては、男女とも反応は小さく、特に女性の場合はマイナスの反応を示したんだとか。

「好きなあの人はキラキラして眩しい」はあながちウソではないのかもしれません。

逆に、好きな人と話している時などに、相手の瞳孔をじっと見てみましょう。 大きければあなたに興味あり、小さく見えるなら興味なし、です。
《NewsCafe》
page top