「ペットボトル症候群」の恐怖…過度な飲みすぎには要注意 | NewsCafe

「ペットボトル症候群」の恐怖…過度な飲みすぎには要注意

ビックリ ニュース

全国的に平年より早く梅雨明けし、うだるような暑さが続いている。そんなとき、ついつい手を伸ばしてしまうのが、ペットボトルでの水分補給。しかし、注意しなければ「ペットボトル症候群」という病にかかってしまうのをご存知だろうか。「ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトアシドーシス)」とは、スポーツドリンク・清涼飲料水などを大量に飲み続けることによっておこる急性の糖尿病で、20代から30代の若者に症状が出ることが多い。
調査によると、500mlのペットボトルの場合、一般的なスポーツ飲料には、角砂糖が約11個、炭酸飲料には約12個、ジュースには約13個分の糖分が入っているものもあるという。ペットボトル飲料の普及とその手軽さから、知らず知らずのうちに過剰な糖分を摂取してしまっているようだ。
急激に血糖値が上がることで、昏睡状態に陥ることもある。節電対策で、冷房を控えめにするため、暑さで水分補給が増えている人も多いのでは?水代わりに、過度な清涼飲料水の飲みすぎには要注意しなければいけない。
《NewsCafe》
page top