解答者を不快な気分にさせる「意地悪クイズ」って何? | NewsCafe

解答者を不快な気分にさせる「意地悪クイズ」って何?

ビックリ ニュース

皆さんは、「意地悪クイズ」って知っていますか。「なぞなぞ」がダジャレや比喩など非現実的な手法であるのに対し、意地悪クイズは現実的な手法を使う。解答者を騙すのが主な目的であるため、クイズとしての完成度があきれるほど低いものもある。

実は、なぞなぞではないパターンをあげてみよう。「パンはパンでも食べられないパンは?」という問題に対して、なぞなぞの正解は「フライパン」。これが意地悪クイズの場合、「フライパンはパンではない」ということで「腐ったパン」が正解となる。

また、一般のクイズは何らかの面白みを持った答えであったり、単純な思考では解けないものであることが多い。それを逆手に取って単純でつまらない答えにするという手法がある。ただしこのようなクイズは誰でも簡単に作れる上に、解く側にも高度な知識や思考力を必要としないため、クイズとしてのクオリティは低い。
例えば「○○さん君は、雨の日に傘をさしませんでした。なぜでしょう?」という問題に対して、意地悪クイズの場合は「さしたくなかったから」というあきれた答え。さらに、数学の問題と思わせた「高速道路を時速120キロの速さで走った場合、3時間後には何キロ進んでる?」 というクイズでは、「スピード違反で捕まる」という信じられない答えもある。

出題時に「意地悪クイズ」と明かしてしまうと解答者を騙すことができないので意味がない。しかし、やりすぎると不快な気分にさせる恐れがあるため、相手に嫌われないようにご注意を……。
《NewsCafe》
page top