今年は節電、冷房効果に背筋も凍る恐怖体験? | NewsCafe

今年は節電、冷房効果に背筋も凍る恐怖体験?

ビックリ ニュース

輝く太陽の下、気温もドンドン上がり毎日うだるような暑さに毎年やられてしまう夏。今年は節電でクーラーを使うのをためらいがち。「涼しさ」を求め、冷たいカキ氷を食べてたり、キンキンに冷えたビールを飲んだり…。しかし、体を冷やすのはそれだけではありません。それは、ホラー映画を見たり、百物語のような怪談話をしたり、心霊スポット巡りなど精神的な部分で「涼」を求めることもできます。そこで、背筋が凍る、もしかして幽霊?という不思議な「恐怖・心霊体験」をご紹介します。

■恐怖・心霊体験
【落ちちゃえば良かったのに】
カップルが山道をドライブしていた。ふと気がつくと前方に子どもがいる。男はあわててブレーキを踏んで表に出たが子どもの姿はない。前方を見るとそこは断崖絶壁でブレーキを踏んでいなければ車ごと落ちていたところだった。女は「きっとあの子どもは私達を助けてくれた良い霊だったのよ」と言った。その直後背後から「落ちちゃえば良かったのに」と声が…

【寒い…凄く寒い…】
自室で本読んでたら携帯が鳴った。知らない番号だったが何も考えずに出てみた。「もしもし」と何度も呼びかけても応答が無いので切ろうとした時に「寒い…凄く寒い…」と声が。どちら様ですか?と聞いてみても「寒いんだ…」と震えた声が返ってくるだけ。季節は夏で猛暑の年だった。そのうち電話が切れ、リダイヤルをしてみると「この電話番号は現在使われておりません」というメッセージ。未だに謎です…

【"いわく"付き物件】
いわゆる"いわく"付きの話しが多かった地域でのこと。そのような地域でアパートを借りて3カ月後のこと、体調を崩し布団の中で寝ていたたところ、木製の玄関を、どん、どん、と叩く音が。意識は覚めたが、目を開くことも、指を動かすことも出来ませんでした。声も出ないまま、ドアを叩く音がだんだんと大きくなるのだけを聞いていると「お………ぞ…」と何かを話しながら自分の周りを回り始め…ふいに右手になにか繊維質のモノが障った感触がして、その瞬間に目が開きました。そこには"黒い陰に覆われた血走ったフタツの目"がコチラを見ていました。次の日、目を覚ますと長く黒い髪の毛が部屋のあちこちに散乱していました。

■心霊スポット
【青森県にある山荘 】
精神に病を持った人を更生するために作られた山荘。裏では家族の同意の元患者さんを殺してたという噂が…

【北海道にあるラブホテル】
地元で知る人ぞ知る心霊スポット足を踏み入れると、荒れ果てた部屋からラップ音が…

【秋田県にあるトンネル】
比較的近代の霊が多く、戦死者の子供の声が聞こえるとか、フロントガラスに大量の霊が張り付くといった現象が起きているとか。

【福島にあるお化けペンション】
建物内で焼身自殺や首吊り自殺、2階では殺人事件まで起きたという噂が…

読んでるだけで背筋がブルブルッとしそう…。
上記で紹介した恐怖体験や心霊体験以外にも、恐ろしい噂が絶えない地元の心霊スポットなど数多くあることでしょう。アナタが経験した出来事や、とっておきの心霊スポットなどありましたら、是非、ご投稿下さい。
《NewsCafe》
page top